ページの先頭です
メニューの終端です。

平成25年度 天王寺区役所の事業予算・事業概要について

2019年10月18日

ページ番号:207169

予算編成にかかる考え方・全体予算の概要など

 平成25年度の予算編成にあたっては、普段行政に届くことのない区民の声を直接聞き取りながら、日本一の文教都市をめざすとともに、命を守る政策及び歴史資産等によるにぎわいのあるまちづくりの推進を図るため、地域の未来を担う人材の育成、高齢者の見守り体制の強化、区民一人ひとりの災害リテラシーの向上及び区訪問者を増やすための戦略的なシティ・プロモーションの推進に予算を重点的に配分することとしています。

 このため、これまでの各種施策事業を徹底的に見直すことにより1,000万円の歳出削減を図るとともに、区内本市施設を活用した広告事業や行政財産の活用など新たな取組により財源を確保することとしています。

区長(区シティ・マネージャー)が関与する予算額
  天王寺区関連予算     780,066千円     
  区長自由経費      216,126千円    
  区シティ・マネージャー自由経費       563,940千円    

特に重点的に取組む政策

「区民の声」集約プロセスの強化 予算額 2,971千円
 多様なサイレント・マジョリティなども含めた区民の意見・評価を基に区政運営および区において実施される事務事業へ反映 

  • 「日本一の文教『都市』」をめざした人材育成の取組と海外人材の活用 予算額 47,581千円
     中高生を対象とした企業インターンシップ(職業体験)、企業・NPOと連携した教育プログラムの実践など学校外の教育機会を提供するほか、保育所の誘致、保育ママ事業などにより幼児の健やかな発育・発達を支援
  • お年寄り一人ひとりの命を守りぬく地域福祉 予算額 7,121千円
     高齢者の生活や体調の異変を早急に察知して対応する体制の構築 
  • より多くの人に「災害リテラシー」を向上する事業の追求 予算額 20,874千円
     区民の自助・共助に対する意識の向上・取組の強化、被災された区民の安全確保、避難生活にかかる環境の整備、こどもの安全安心の確保 
  • 戦略的なシティ・プロモーションの推進 予算額 10,907千円
     区内に多く集積する歴史的・文化的資産を最大限に活用、効果的に情報発信し、天王寺のまちのブランド力を強化 
  • 市政改革プランに基づく「大きな公共を担う活力ある地域社会づくり」 予算額16,263千円
     自律的な地域運営に取り組む地域活動協議会の形成支援 

主な事業

区長自由経費事業

  • 未来の”てんのうじ”を担う社会起業家育成事業 予算額 3,980千円
    子ども、子育て世代の割合が他区に比べて高い天王寺区において、子ども達の将来に向けた挑戦の一助とするため、インターンシップ事業・社会教育プログラム事業を実施
  • 独居高齢者等見守りサポーター事業 予算額 7,121千円
    独居高齢者、高齢者のみの世帯の抱える課題を早期に明らかにし、必要に応じて医療・介護サービスにつなげるため、見守りサポーターを配置し定期的な訪問を実施
  • 天王寺区家具転倒防止器具取付事業 予算額 3,523千円
    天王寺区内の高齢者・障がい者の方々からの申請により、居宅を訪問のうえ家具転倒防止器具の取付けを支援
  • こどもの防犯に向けたまちづくり事業 予算額 1,830千円
    安全安心な天王寺区の実現に向けて、子どもが被害者となる犯罪を減少させるため、小学生を対象とした防犯教室を開催警察と連携したうえで通学路等に防犯カメラを設置
  • 天王寺区魅力発信・にぎわいづくり事業 予算額 10,907千円
    「天王寺区=歴史のまち」というブランディングを強化するため、ギャップ調査及び海外からのイメージ調査を実施
    大坂の陣400周年を迎える平成26・27年度に実施するイベントの基本計画を策定
    天王寺蕪収穫祭、吹奏楽フェスティバルなど各種イベントの実施

 

区CM自由経費事業

  • 保育ママ事業(運営費) 予算額 40,264千円
    保護者の多様なニーズと低年齢児の保育需要に対応するため、規定の研修を修了した保育者による自宅や空店舗などを活用した少人数の保育を実施
  • 地域高齢者活動拠点(老人憩の家)提供事業助成 予算額 2,608千円
    高齢者自らが行う自主活動の場を提供するための地域高齢者活動拠点(老人憩の家)提供事業に対する補助を実施
  • 学校等の避難場所誘導・周知事業  予算額 2,420千円
    大規模地震や浸水等の災害の発生時に、一時避難場所及び収容避難所として指定している学校等へ安全かつ迅速に避難できるよう避難誘導を行うとともに、日常からの避難に関する周知を行うため、必要箇所に避難所への誘導・周知の表示等の取組を実施
  • 子どもの安全見守り防犯カメラ設置補助事業  予算額 600千円
    子どもに対する犯罪の発生が懸念される通学路等における安全確保を早急に図るため、町会等が設置する子どもの安全見守り防犯カメラ設置に対する補助を実施
  • 放置自転車対策事業(放置自転車の撤去費、自転車駐車場整備) 予算額 42,720千円
    放置自転車問題を解決し、市民の安全で快適な生活環境を確保するため、放置自転車を撤去
    放置自転車の削減を図るため、自転車駐車場を増設・改良

平成25年度 天王寺区役所事業予算・事業概要

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市天王寺区役所 企画総務課経理グループ

〒543-8501 大阪市天王寺区真法院町20番33号(天王寺区役所6階)

電話:06-6774-9938

ファックス:06-6772-4904

メール送信フォーム