ページの先頭です
メニューの終端です。

平成30年度 天王寺区役所の事業予算・事業概要について

2019年10月18日

ページ番号:426928

予算編成にかかる考え方・全体予算の概要など

 平成30年度の予算編成にあたっては、区将来ビジョンに基づき、多様な区民の声を聞き取りながら、次の各施策に重点的に取り組むことを念頭に、予算配分を行う。

 【日本一の文教「都市」をめざした人材育成の取組】として、子育て支援施策の充実を図るとともに、未来を担う人材の育成に取り組み、日本一の文教「都市」をめざす。

 【支援を要する人一人ひとりの命を守りぬく地域福祉】として、支援を要する方々の見守り体制の推進を図るとともに、健康でいきいきと暮らせるまちをめざし、健康増進の取組を展開する。

 【地域の力を結集した「防災力」向上の取組】として、区民一人ひとりの自助力の向上はもとより、地域・寺院・医療機関・企業など地域資源との連携による共助力の強化に取り組み、地域の力を結集して「防災力」の向上を図る。また、安全安心の確保に向けた取組を推進する。

 【戦略的なシティ・プロモーションの推進】として、地域主体の取組を継続して支援するとともに、区の歴史的・文化的資産を活かした魅力発信の一層の強化を図る。

 【大きな公共を担う活力ある地域社会づくり】として、「地域活動協議会」の運営支援等に取り組み、地域コミュニティの活性化の促進を図る。

 このため、各種施策・事業を徹底的に見直しつつ、広告事業や行政財産の活用などにより財源を確保することで、更なる区民サービスの向上を図る。

区長(区シティ・マネージャー)が関与する予算額
  天王寺区関連予算     911,067千円     
  区長自由経費       261,239千円    
 区シティ・マネージャー自由経費        649,828千円    

重点的に取り組む事業

(参考) 【区長】 区長自由経費、【区CM】 区シティ・マネージャー自由経費

・地域資源との新たなつながりを活かした防災事業 【区長】 予算額 3,587千円

【概要】

 南海トラフ巨大地震や上町断層帯地震への備えを強化するため、マンションでの防災対策の取組を支援する専門スタッフを配置するとともに、一時避難場所への避難者支援用物資の配備に取り組む。

 【工夫点】

 専門スタッフの配置により、休日が中心となるマンション住民に特化した防災対策の普及・啓発を、より効率的に実施することができる。こうしたマンションや医療機関、寺院など地域資源と連携し、事業費を抑制しながら、地域ぐるみで「防災力」の向上に取り組む。

 

・こどもの居場所等における学び・生活サポート事業 【区長】 予算額 1,010千円 *新規事業

【概要】

 民間による「こどもの居場所」づくりと連携し、支援を要する子どもの学力向上と精神面の支援につなげるため、居場所での学習支援・生活相談を行うサポーターの活動を支援する。

 【工夫点】

 主任児童委員など子どもに関わる地域の方々から課題や意見を聴取し、また「こどもの居場所」づくりに取り組む区内民間の動きを把握したうえで、民間の協力を得ながら課題の解決につなげる。

 

・利用者支援事業(子ども・子育て支援推進) 【区CM】 予算額 5,685千円

【概要】

 子どもと保護者、妊娠中の方が、教育・保育施設や子育て支援施設等を円滑に利用できるよう、保育コンシェルジュを保健福祉課(子育て支援室)に配置し、情報提供や相談・助言を行う。

 【工夫点】 

 保育コンシェルジュを2名に増員することで、区役所内での相談に加え、地域の子育て支援施設等においても出張相談の実施が可能となる。さらに地域の子育て関係機関との連携を強化し、地域課題の発見・共有につなげる。

 

・天王寺区魅力発信・にぎわいづくり事業 【区長】 予算額 1,235千円

【概要】

 周辺区等との連携や地域団体等の取組の支援により、当区ゆかりの真田幸村や聖徳太子、熊野街道などの歴史的・文化的資産の魅力を「まち歩き」等を通じて発信し、天王寺区のにぎわいづくりにつなげる。

 【工夫点】

 地域団体等との連携の強化、自主的な取組の支援等を通じて、新たなネットワークづくりや既存の取組の充実につなげる。また、周辺区等と連携して実施することで、区の魅力を広く発信することが可能となるなど、より効果的にシティ・プロモーションを推進する。

 

・地域における要援護者の見守りネットワーク強化事業 【区CM】 予算額 12,507千円

 (関連事業)独居高齢者等見守りサポーター事業 【区長】 予算額 5,155千円

【概要】

 避難行動要支援者名簿登載に同意の得られた要援護者に対して、地域住民などによる平時の見守り活動を実施、体制を構築することにより、災害時の避難支援への備えの強化を図る。

 【工夫点】

 当事業に当区独自の独居高齢者等見守りサポーター事業を付加して展開し、平時の見守り体制が緊急時にも円滑に機能するよう、地域ごとの個別支援プランをより具体的に策定する。平成30年度から福祉専門職が要援護者の同意確認を行い、必要とするサービス利用につなげる。

平成30年度 天王寺区役所事業予算・事業概要

天王寺区役所事業予算・事業概要

Microsoft社 Excel Viewerのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
xlsファイルを閲覧できない場合には、Microsoft社のサイトから Excel Viewer をダウンロード(無償)してください。

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市天王寺区役所 企画総務課経理グループ

〒543-8501 大阪市天王寺区真法院町20番33号(天王寺区役所6階)

電話:06-6774-9938

ファックス:06-6772-4904

メール送信フォーム