ページの先頭です
メニューの終端です。

朝ごはんを食べよう!9月は大阪市朝食月間!

2019年9月12日

ページ番号:479948

朝ごはん食べていますか?


朝ごはんには様々なパワーがあります。朝ごはんを食べて毎日の元気を作りましょう!

朝ごはんを食べるとこんないいこと!

体温を上げて1日を元気に過ごそう!

朝ごはんは、寝ている間に消費したエネルギーを体に補給し、体温を上げてくれます。体温が上がると体の活動の準備ができます。朝ごはんを食べていない人は、通勤や通学の歩行で一時的に体温が上昇しても、その体温を維持することができません。

脳にもエネルギー補給で集中力アップ!

朝ごはんを食べると、脳のエネルギー源であるブドウ糖が脳へ供給され、働きが活発になります。朝ごはんを食べないと、イライラしたり、ぼーっとしてしまったり、集中力や記憶力が低下し勉強や仕事がはかどりません。
小学生~高校生を対象とした研究では、朝食を毎日食べる人は、そうでない人と比較して学校の成績や学力テストの点数がよいことや、体力測定の結果がよいといった報告もされています。

生活リズムを整えて心も体も元気に!

毎日決まった時間に朝ごはんを食べることで、生活リズムが整います。不規則な食生活習慣はそのまま生活リズムの乱れとつながり、様々な生活習慣病を招くリスクも増えていきます。規則正しい生活リズムを維持し、毎日を丁寧に過ごすことで心も整います。1日の始まりの朝ごはん。気持ちのよいスタートを心がけましょう!

肥満の予防にも効果あり!

朝ごはんを毎日食べる習慣があると、肥満につながる「まとめ食い」を防ぐことができます。また、朝食をとることで胃腸が適度に刺激され、排便を促す効果もあると言われています。

大阪市朝食月間とは?

大阪市では、第3次大阪市食育推進基本計画を策定し、食育を推進しています。

大阪市民の食生活の状況においては、特に若い世代の朝食欠食者の割合は、国の割合よりも高く、朝食欠食者の減少に向け、取り組みを進めています。

夏休み等で夜更かしすることが多く、生活リズムが乱れがちな夏が終わる9月を「大阪市朝食月間」とし、子どもから大人まですべての世代が、朝食を食べる習慣を再認識し、行動に移すきっかけとなるよう啓発を行います!

できることから始めてみましょう

朝は食欲がない、時間がないという人は、口当たりがよく簡単に食べられる牛乳やヨーグルト、果物、野菜ジュースなどからでも始めてみましょう。それに慣れてきたら、手軽に用意できる簡単な料理にもチャレンジ。少しずつ、できることからまずは行動してみましょう!

おいしく朝ごはんを食べるためのポイント

  • 夜遅い時間に食事やお菓子、嗜好飲料などをとらない
  • 早寝早起きをする(例:朝ごはんを食べる30分以上前には起きる)
  • 手軽に食べられるものを準備する
  • からだを動かす

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市天王寺区役所 保健福祉課健康推進グループ

〒543-8501 大阪市天王寺区真法院町20番33号(天王寺区役所2階)

電話:06-6774-9882

ファックス:06-6772-0308

メール送信フォーム