ページの先頭です
メニューの終端です。

★冊子「にこにこ」より離乳食レシピの紹介★

2019年9月12日

ページ番号:480435

離乳食は焦らずゆったりとした気持ちで進めましょう

「離乳」とは、母乳や育児用ミルクだけをあげている赤ちゃんに消化のよい食べ物を少しずつあげて慣らし、次第に食品の量、種類を増やし、献立や調理形態も変化させて、母乳や育児用ミルクから幼児食に移行していくことを言います。

この間に赤ちゃんは母乳や育児用ミルクを吸うことだけでなく、食べ物を噛みつぶして飲み込めるようになります。

離乳各期の食事量や進め方はあくまで目安です。
赤ちゃんにはその日によって食欲の波があり、食べムラはあって当然です。同じ月齢でも個人差が見られます。
赤ちゃんの発育、発達状態などをよく見ながら、焦らずゆったりとした気持ちで進めましょう

月齢ごとの進め方

生後5、6か月頃

食べ物を飲み込みことを覚えます。1日1回1さじから始め1か月を過ぎた頃から2回食を考えていきましょう。
食べ物はなめらかにすりつぶした状態(ポタージュ状)から始めましょう。

生後7、8か月頃

食べ物を口の中でつぶしていく動きを覚えます。1日2回時間を決めてあげましょう。
食べ物は舌でつぶせる固さ(豆腐くらいの固さ)を目安にしましょう。

生後9~11か月頃

食べ物を歯ぐきの上でつぶすことを覚えます。食事のリズムを大切に1日3回食に進めていきましょう。
食べ物は歯ぐきでつぶせる固さ(バナナくらいの固さ)を目安にしましょう。

1歳~1歳6か月頃

食べ物をひと口で食べる量を覚えます。1日3回の食事のリズムを大切にしながら生活のリズムを整えましょう。
食べ物は歯ぐきで噛める固さ(肉団子くらいの固さ)を目安にしましょう。

味つけは薄味で!

2回食くらいから味つけは始めましょう。その頃も味をつけずに食べるのであればあえて急ぐ必要はありません。素材の味を生かしながらいろいろな食品に触れる機会を作ってあげましょう。味をつける場合は大人の味つけの1/3~1/2程度の薄味を基本に!

食べられる食品の種類が徐々に増えてくるモグモグ期(7、8か月頃)とカミカミ期(9~11か月頃)の離乳食のレシピを以下ご紹介します!〔冊子にこにこより〕

生後7、8か月頃〈モグモグ期〉のレシピ

にんじんオムレツ

材料(1人分)

食品名

分量(g)

目安量

15

中1/3個

しらす干し

3

大さじ1/2

おろしにんじん

10

小さじ2

バター

2

小さじ1/2


〈作り方〉

  1. 卵は卵白と卵黄を別々にし、卵白だけを泡立て、その中に卵黄、ゆでたしらす干しのみじん切り、下ゆでしたおろしにんじんを混ぜる。
  2. フライパンにバターを熱し、①を流し入れ、形をととのえ、卵にしっかり火が通るように焼く。

しらす干しのトマトあえ

材料(1人分)

食品名

分量(g)

目安量

しらす干し

5

大さじ1

トマト

25

中1/8個


〈作り方〉

  1. しらす干しはゆでて、水気をきってみじん切りにする。
  2. トマトは皮をむき、種をとってつぶす。
  3. しらす干しにトマトを加えてあえる。

さけ水煮缶のくず煮

材料(1人分)

食品名

分量(g)

目安量

さけ水煮(缶)

15

大さじ1

青菜

5

大さじ1/2

おろしだいこん

10

小さじ2

おろしにんじん

10

小さじ2

だし汁

60

カップ1/3

しょうゆ

少々

水溶き片栗粉

少々


〈作り方〉

  1. 青菜はゆでてみじん切りにする。
  2. さけ(缶)は骨や皮をとり、①・おろしだいこん・おろしにんじん・だし汁を鍋に入れて煮、しょうゆで味をつける。
  3. 最後に水溶き片栗粉でとろみをつける。


生後9~12か月頃〈カミカミ期〉のレシピ

フレンチトースト

材料(1人分)

食品名

分量(g)

目安量

食パン(耳をとったもの)

30

5枚切1/2枚

牛乳(育児用ミルク)

30

大さじ2

20

中1/2個

バター

2

小さじ1/2


〈作り方〉

  1. 卵は割りほぐして牛乳を加え、4等分にした食パンをつけておく。
  2. フライパンにバターを熱し、両面を焼く。

魚のハンバーグ

材料(1人分)

食品名

分量(g)

目安量

魚の水煮(缶)

15

大さじ1

じゃがいも

50

1/3個

たまねぎ

5

小さじ1

牛乳(育児用ミルク)

5

小さじ1

小麦粉

少々

植物油

3

小さじ1弱


〈作り方〉

  1. じゃがいもは軟らかくゆでてつぶし、たまねぎはみじん切りにしてゆでる。
  2. ほぐした魚とじゃがいも、たまねぎ、牛乳を合わせて混ぜ、小判型にまとめて小麦粉をまぶす。
  3. フライパンに油を熱し、両面を焼く。

※魚の水煮(缶)のかわりに煮魚、焼き魚を利用してもよい



離乳食講習会を毎月開催しています!

保健福祉センターでは毎月第1金曜日に離乳食講習会を開催しています。
参加費は無料で予約も不要です。
詳細については離乳食講習会についてのページをご確認ください。

離乳食に関するお悩みがあれば、いつでもお気軽にご相談ください♪

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市天王寺区役所 保健福祉課健康推進グループ

〒543-8501 大阪市天王寺区真法院町20番33号(天王寺区役所2階)

電話:06-6774-9882

ファックス:06-6772-0308

メール送信フォーム