ページの先頭です

アイ・スポット(まちづくりの情報発信施設)

2019年7月16日

ページ番号:18184

アイ・スポットについて

アイ・スポット ロゴ

 中央区今橋4丁目の御堂筋沿道にある淀屋橋odonaの2階部分〔旧大阪市立愛日(あいじつ)小学校跡地〕に、大阪市のまちづくりに関する情報を展示し、市民の方々に広く利用していただける、まちづくりの情報発信施設(呼称:アイ・スポット)を開設しています。

 アイ・スポットでは、コーナーごとに大阪のまちづくりに関する情報展示、DVDの放映及びまちづくりに関するイベントなどを実施しています。

展示内容(常設)

 アイ・スポットでは、旧愛日小学校の歴史、懐徳堂(かいとくどう)・適塾(てきじゅく)、大阪市の拠点開発、御堂筋彫刻、大阪市航空写真(昭和17年、平成19年)、に関する展示を行っています。

展示内容詳細

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

お知らせ

イベントスケジュール

『大阪大学21世紀懐徳堂i-spot講座』

 いずれの講座も、事前に申し込んでいただければ、どなたでもご自由にご参加いただくことができる無料の講座となっております。ただし、定員に限りがありますのでお早めにお申し込みください。(定員に余裕のある場合は、当日会場での直接申込みも受付けさせていただきます。)

※今年度より、先着順から抽選制に変更になりました。参加が決定された方のみご連絡いたします。申込受付数に達しなかった場合、先着順で申込を受け付けます(2次申込)。2次申込の有無は、本ページにてお知らせします。

下記講座について、2次募集を受け付けております。

・7月26日開催「フィンランドに生きる~複数の言葉が共存する国の歴史」

7月31日開催「鳥の歌が教えてくれること」

 

開催場所:淀屋橋odona内2階アイ・スポット

 

申込方法:電話、ファックス又はメールにて、下記連絡先(アイ・スポット)まで参加希望の講座名、受講者ご本人のお名前、年齢、連絡先(電話番号・メールアドレス)をご連絡ください。なお、お預かりした個人情報につきましては、講座に関する連絡以外では使用いたしません。また、講座終了後、速やかに適正に処分いたします。

電話・ファックス 06-4866-6803(電話でのお申込みは開館時間のみ受付します。)

メール i-spot@voice.ocn.ne.jp

『大阪大学21世紀懐徳堂i-spot講座』の申込方法等の詳細内容

2019年度前期講座

世界と日本

2次申込受付中 『フィンランドに生きる~複数の言葉が共存する国の歴史』(古谷大輔 大阪大学大学院言語文化研究科 准教授)

 2019年に日本との外交関係樹立100周年を迎えるフィンランド。そこにはフィンランド語を話す人たちが共存しています。日本ではフィンランドの福祉や教育などへの関心が高まっていますが、フィンランドを理解する鍵はひとつの国に複数の言葉が共存する「くにのかたち」にあります。この講座では、隣国スウェーデンの視点も交えながら、そうした「くにのかたち」が築かれてきた道のりをお話します。

開催日時:令和元年7月26日(金曜日) 19時~20時30分 定員:30名

1次申込受付期間:令和元年6月24日(月曜日)~令和元年7月8日(月曜日)

抽選結果お知らせ期間:1次募集締切日の翌日・翌々日

現在、2次申込を受け付けしております。先着順ですのでお早めに申し込みください。

 

『イラン文化の背景を探る−伝統と革新と−』(堂島英次郎 大阪大学大学院文学研究科 教授)

 イランは紀元前から続く長い歴史の中で,多くの宗教的,政治的,社会的変容をこうむってきました。しかしそのたびごとに新しい文化を取り入れ,古い文化と調和させながら,激動の時代をたくましく乗り越えてきたのです。こうした伝統と革新の数々が,今のイラン文化に独自性を与えていると言えるでしょう。今回の講座では,歴史書,宗教文献,文学作品など様々な文献資料が語るイラン文化の歴史をひもときながら,この文化の不思議な魅力の源流をさぐりたいと思います。

 

開催日時:令和元年9月5日(木曜日) 19時~20時30分 定員:30名

1次申込受付期間:令和元年8月5日(月曜日)~令和元年8月19日(月曜日)

抽選結果お知らせ期間:1次募集締切日の翌日・翌々日

『オーストリア − 多民族国家ハプスブルクの残影』(三谷研爾 大阪大学大学院文学研究科 教授)

 オーストラリアと間違われることもすくなくないオーストリア。現在でこそ小さなこの国は、かつてはハプスブルク帝国の名で知られた大国でした。それは典型的な中欧の多民族国家で、首都ウィーンはその文化的栄光を今に伝える街です。しかしこの帝国は、さまざまな民族対立や反ユダヤ主義の温床でもありました。こうしたハプスブルクの歴史が濃い影を落としているオーストリアの姿をご紹介したいと思います。

開催日時:令和元年9月11日(水曜日) 19時~20時30分 定員:30名

1次申込受付期間:令和元年8月12日(月曜日)~8月26日(月曜日)

抽選結果お知らせ期間:1次募集締切日の翌日・翌々日

空を飛ぶ

2次申込受付中『鳥の歌が教えてくれること』(松林志保 大阪大学大学院工学研究科 特任准教授)

 鳥の歌を聞いたとき、今どこで鳴いたんだろう?なんて言っているのか知りたい!と思ったことはありませんか?本講では、ロボットの耳を使った鳥類の新しい観測技法の紹介と、野外調査を行う中で「聞こえてきた」鳥の歌の世界の一片をご紹介します。森や野生動物が好きな方、ロボットやAIに興味がある方、ぜひご参加ください。

 

開催日時:令和元年7月31日(水曜日) 18時30分~20時 定員:30名

1次申込期間:令和元年7月1日(月曜日)~7月15日(月曜日)

抽選結果お知らせ期間:1次募集締切日の翌日・翌々日

現在、2次申込を受け付けしております。先着順ですのでお早めに申し込みください。

『なぜ、医師が大阪の「空を飛ぶ」のか 大阪府ドクターヘリの紹介』(中川雄公 大阪大学医学部附属病院 講師)

  日本では、現在、53機のドクターヘリが運航しています。少なくとも53人の医師が、毎日のように空を飛んでいることになります。その中の一つ、大阪府ドクターヘリは2008年1月から運航が始まりました。どうして、医師が、日本の、さらに、大阪の空を飛ぶ必要があるのでしょうか。本講座では、大阪府ドクターヘリ導入の経緯や活動の紹介を通じて、救急医療におけるドクターヘリの意義と役割を解説します。

開催日時:令和元年8月21日(水曜日) 18時30分~20時 定員:30名

1次申込受付期間:令和元年7月22日(月曜日)~令和元年8月5日(月曜日)

抽選結果お知らせ期間:1次募集締切日の翌日・翌々日

『空と航空機と軍事の世界 ―日本とその近傍で軍用機が係わるあれこれの事例を国際法から見ると―』(真山全 大阪大学大学院国際公共政策研究科 教授)

  戦争でなくとも日本とその周辺には軍用機が徘徊しその密度は世界有数でしょう。普通なら日常生活帯同で民間機に乗る程度ですから実感しませんが、軍人の他にそんなことばかり考える法学者もいます。国際法学者です。高度100キロを弾道弾が駆け抜けたら領空侵犯? サミット会場に乗取外国旅客機が突入してきたら空自戦闘機が空中で爆砕していい? 亡命軍用機をバラして調査可? 米軍機は何故気ままに日本で飛べる? 嘉手納拠点の米軍仮想敵役の民間軍事会社戦闘機が落ちたら誰が責任とる? 中国軍機が勝手に通れる日本領空ってある? といった問題を国際法から分析します。

開催日時:令和元年8月28日(水曜日) 18時30分~20時 定員:30名

1次申込受付期間:令和元年7月29日(月曜日)~令和元年8月12日(月曜日)

抽選結果お知らせ期間:1次募集締切日の翌日・翌々日

こども講座

『やっていいマネ・悪いマネ』(加藤幹 大阪大学知的基盤総合センター 特任教授)

 人はマネをすることで成長します。マネをすることでいろいろなことができるようになります。しかし、人の作品を勝手にマネして公開するなど、マネをすることが悪いことになる時もあります。やっていいマネと悪いマネとはどこがちがうのでしょうか?また、ただのマネではなくてそこに自分の工夫が加わった場合はどうなのでしょうか? この講座では、かんたんな工作を通じてマネをすること、工夫をすることを体験するとともに、やっていいマネと悪いマネの違いについて学びます。

開催日時:令和元年8月2日(金曜日) 14時~15時30分 

対象:小学生4~6年生とその保護者1名 定員:ペア12組

1次申込受付期間:令和元年6月24日(月曜日)~令和元年7月15日(月曜日)

抽選結果お知らせ期間:令和元年7月16日(火曜日)~7月17日(水曜日)

 

『箱庭フィギュアで我が家の「食」を考えよう』(山崎あけみ 大阪大学大学院医学系研究科 教授)

  みなさんは、「家族」と聞いてどんなイメージを思い浮かべますか?ご家庭によって、大切にしていることは色々あると思いますが、ある調査では「食事をしている時に家族だなと感じる」と答えた人がとても多かったそうです。

 この講座では、箱庭フィギュア(どうぶつ・人・キャラクターの人形)を使って、みなさんのご家族が、毎日の食事の中で大切にしていることを言葉にするワークショップを行います。親子にとって欠かせない食事の時間や、食べることについてのルールをふりかえり、おうちのみんなが大切にしていることを一緒に考えてみましょう

開催日時:令和元年8月5日(月曜日) 14時~15時30分 

対象:小学生4~6年生とその保護者1名 定員:ペア12組

1次申込受付期間:令和元年6月24日(月曜日)~令和元年7月15日(月曜日)

抽選結果お知らせ期間:令和元年7月16日(火曜日)~7月17日(水曜日)

 

『実験!台所で火山大爆発』(佐伯和人 大阪大学大学院理学研究科 准教授)

 火山はどうして爆発するの?火山からあふれる溶岩はどこからどうやってくるの?

 そんな疑問に答えるために、マグマが地下からあがってきて火山が爆発するまでを3つの実験で学びます。火山大好きの佐伯和人先生と、近所のお店で簡単に集められる材料を使って、安全だけど、ちょっぴりスリルのある実験を一緒に楽しみましょう。近くで火山が爆発したらどうしたらいいか、命を守るための知識も身につけることができます。

開催日時:令和元年8月9日(金曜日) 10時30分~12時 

対象:小学生4~6年生とその保護者1名 定員:ペア12組

1次申込受付期間:令和元年6月24日(月曜日)~令和元年7月15日(月曜日)

抽選結果お知らせ期間:令和元年7月16日(火曜日)~7月17日(水曜日)

 

利用案内

開館時間 月曜日から金曜日 11時から21時

       土曜日、日曜日及び祝日 13時から17時

休館日  年末年始(12月29日から翌年1月3日)

アクセスマップ

地下鉄御堂筋線「淀屋橋」駅10番出口直結

京阪本線「淀屋橋」駅徒歩1分

淀屋橋odona2階

大阪市中央区今橋4-1-1

電話 06‐4866‐6803

メール i-spot@voice.ocn.ne.jp

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市 都市計画局開発調整部開発計画課

住所:〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所7階)

電話:06-6208-7824

ファックス:06-6231-3752

メール送信フォーム