ページの先頭です

市営住宅の空き住戸を活用したコミュニティビジネス活動拠点の導入

2019年5月22日

ページ番号:426112

 大阪市では、高齢化が進む市営住宅団地において、高齢者の生活支援や子育てサービスの提供など、団地や地域の活性化につながるコミュニティビジネス等の活動拠点として、NPO等の団体に市営住宅の1階空き住戸を提供しています。

 平成20年度から実施しており、現在12箇所で子育て支援等の団地や地域の活性化につながる活動を行っています。また、地域の方々と共にバザーや手作り教室、クリスマス会等のイベントやコンサートを開催するなど、地域との交流が広がってきています。

 平成30年度は、5団地を対象に活動団体を募集したところ、3団地に対して3団体から応募がありました。応募のあった3団体について、応募書類や公開プレゼンテーション、評価委員からの評価と意見を踏まえ、3団地において3つの活動団体を本市が選定しました。(詳細についてはこちらをご参照ください。)

コミュニティビジネスの導入イメージ
別ウィンドウで開く

案内リーフレット等

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

都市整備局住宅部建設課団地再生グループ
〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所1階)
電話:06-6208-8424
ファックス:06-6202-7063

メール送信フォーム

このページへの別ルート

表示