ページの先頭です

平成31年度都市整備局運営方針

2019年6月7日

ページ番号:466645

平成31年度都市整備局運営方針

【区・局の目標(何をめざすのか)】

○地域との連携による魅力と活気のあふれるまちづくり
○安全・安心に住み続けられる住まいづくり
○持続可能で効率的な公共建築づくり

 

【区・局の使命(どのような役割を担うのか)】

○これまで培ってきたノウハウを活かして「まちづくり」「住まいづくり」「公共建築づくり」を推進する役割
○地域の魅力を引き出しかたちにし、地域との連携により新たな地域力を生み出す役割
○安全安心な住まいへ誘導し、誰もが快適に暮らせる住まいを生み出す役割
○それらを支える公共建築をつくる役割

 

【平成31年度 区・局運営の基本的な考え方(区・局長の方針)】

○局の活動フィールドである「まち」「住まい」「公共建築」を再認識し、活動をマネジメントする。
     「まち」:地域の多様な担い手との連携を図り、様々な地域資源を活かして、都市の魅力向上、防災性向上、機能強化を推進する。
     「住まい」:子育て世帯等の市内居住を支援するとともに、居住環境の安全性確保、安心居住を推進する。
     「公共建築」:市民生活を支える公共建築を将来にわたり適切かつ効率的に維持・更新する。
○事業の推進にあたり、次の点に留意する。
  ◇事業周知と地域ニーズ把握のための積極的な情報の受発信
  ◇庁内外の様々な主体との連携
  ◇職員が知見を高める“場”の設置と自律的な参加・運営

1 重点的に取り組む主な経営課題

経営課題1 地域との連携による魅力と活気あふれるまちづくり

地域の多様な担い手との連携を図り、建築物等を活かした都市・地域魅力の向上・発信、市営住宅ストックを活用した地域まちづくりへの貢献、密集住宅市街地における防災性の向上、土地利用の更新によるまちの活力の向上を促進する。

【戦略1-1】都市・地域魅力の向上・発信
【戦略1-2】市営住宅ストックを活用した地域まちづくりへの貢献
【戦略1-3】密集住宅市街地における防災性の向上
【戦略1-4】土地利用の更新によるまちの活力の向上

1-1-1 建築物等を活かした都市・地域魅力の創出 (21百万円)
1-2-1 地域コミュニティの活性化に向けた市営住宅ストックの有効活用 (115百万円)
1-3-1 市街地の不燃化や避難経路確保の促進 (1,596百万円)
1-4-1 土地区画整理事業等の促進 (2,073百万円)

経営課題2 安全・安心に住み続けられる住まいづくり

建築物の耐震化や新婚・子育て世帯や高齢者をはじめとする多様な居住ニーズに対応した住宅の供給を促進し、市民が安全・安心に住み続けられる住まいづくりを進める。

【戦略2-1】新婚・子育て世帯の市内居住への支援
【戦略2-2】民間建築物の耐震化の促進
【戦略2-3】安心居住の推進

2-1-1 新婚・子育て世帯の住宅取得の支援 (1,154百万円)
2-2-1 民間住宅の耐震化の促進 (302百万円)
2-3-1 市営住宅ストックの整備の推進(40,962百万円)

経営課題3 持続可能で効率的な公共建築づくり

市民生活を支える公共建築の長寿命化や適切かつ効率的な維持・更新を促進する。

【戦略3-1】ファシリティマネジメントの推進

3-1-1 市設建築物の安全確保の推進 ( ― )
3-1-2 市設建築物における効率的な維持管理の推進 ( ― )
3-1-3 蓄積した技術・ノウハウを活かした市設建築物の適切かつ効率的な整備 (374百万円)

2 「市政改革プラン2.0」に基づく取組等

(主な取組項目)

公共施行の土地区画整理事業等の効率的実施

【取組内容】

淡路駅周辺地区・三国東地区について、厳格な進捗管理を行うとともに、事業が遅延しないよう対策を講じながら着実な進捗を図る。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市 都市整備局総務部総務課事業管理グループ

住所:〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所6階)

電話:06-6208-9619

ファックス:06-6202-7062

メール送信フォーム