ページの先頭です

令和2年度公共工事設計労務単価の適用について

2020年3月1日

ページ番号:496371

令和2年度公共工事設計労務単価の適用について

入札参加業者の皆様へ

 

 都市整備局が設計担当となる建築工事及び建築設備工事について、令和2年3月1日から令和2年3月31日までの契約案件は、平成31年度(令和元年度)公共工事設計労務単価(旧労務単価)を適用していますので、入札の際は留意してください。

 なお、これらの工事は「特例措置(注1)」の対象となります。

 また、令和2年4月1日以降の公告案件は、設計書において特例措置対象の有無を別紙のとおり明示します。このうち、旧労務単価を適用して予定価格を積算しているものについては「特例措置」の対象となります。

 

(注1)特例措置の内容

旧労務単価に基づく契約を、令和2年度公共工事労務単価(新労務単価)に基づく契約に変更するための請負代金額変更の協議を請求することができます。

詳細につきましては、以下のホームページをご確認ください。

https://www.city.osaka.lg.jp/keiyakukanzai/page/0000496071.html

別紙「特記仕様書」

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

令和2度公共工事設計労務単価の適用について

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

都市整備局 企画部 【公共建築室】 公共建築課 企画設計グループ
電話: 06-6208-9357 ファックス: 06-6202-7066
住所: 〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所6階)

メール送信フォーム