ページの先頭です
メニューの終端です。
スマートフォン表示用の情報の終端です。

警戒レベルによる避難情報の発信をはじめます

2019年6月10日

ページ番号:472792

警戒レベルによる避難情報の発信について

大阪市では、令和元年6月より、これまでの「避難勧告」等の避難情報の発信を、警戒レベルにより発信する形に変更します。

 新たに警戒レベルを取り入れた避難情報では、【警戒レベル3】では、高齢者等の避難に時間を要する方とその支援者の方は避難を開始、その他の方は避難の準備となり、【警戒レベル4】では、全員避難が必要というふうになります。

 今回の変更の背景としては、「平成30年7月豪雨」において、気象庁が大雨特別警報を発表し、重大な災害の起こるおそれが著しく高くなるため、厳重な警戒が必要であることをマスメディア等を通じて事前に広く伝えられる中、多くの自治体においても、気象状況等の悪化に伴い避難勧告が発令されるなど、避難行動を促す情報が出されましたが、自宅に留まる等により、多くの方が亡くなるという結果となりました。こういった事例を踏まえ、平成31年3月に内閣府が「避難勧告等に関するガイドライン」を改定し、住民が避難に関する情報を直感的に理解できるよう見直しを行い、市町村が出す避難情報と国や都道府県が出す防災気象情報は警戒レベルを取り入れた5段階に整理されたということがあります。

避難情報の見直しについて

避難情報の見直しについての国(内閣府)及び大阪市の動きを次のようにまとめました。

警戒レベルの導入に関するチラシ

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。
警戒レベルについて
 警戒レベル  避難行動等 
 警戒レベル5

既に災害が発生している状況。

命を守るための最善の行動をとる

 警戒レベル4

速やかに全員避難先へ避難する。

公的な避難場所までの移動が危険と思われる場合は、近くの安全な場所や自宅内のより安全な場所に避難する。

 警戒レベル3

避難に時間を要する人(ご高齢の方、障がいのある方、乳幼児等)とその支援者は避難する。その他の人は、避難の準備を整える。

 警戒レベル2避難に備え、ハザードマップ等により、自らの避難行動を確認する。
 警戒レベル1災害への心構えを高める。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

鶴見区役所 市民協働課(市民協働)
電話: 06-6915-9846 ファックス: 06-6913-6235
住所: 〒538-8510 大阪市鶴見区横堤5丁目4番19号(鶴見区役所1階)

このページへの別ルート

表示