ページの先頭です
メニューの終端です。
スマートフォン表示用の情報の終端です。

令和2年度鶴見区運営方針(案)

2020年4月28日

ページ番号:494498

令和2年度鶴見区運営方針(案)

【区の目標(何をめざすのか)】

つながり、ふれあい、みまもり、支えあう、だれもが安心して暮らせるまち

【区の使命(どのような役割を担うのか)】

一人ひとりの人権が尊重され、だれもが自分らしく安心して暮らすことができるやさしさとぬくもりのある地域社会の実現にむけて、区内の実情や特性に即した施策・事業を総合的に展開する。

【令和2年度 区運営の基本的な考え方(区長の方針)】

・だれもが地域で健康に安心して暮らせるよう、すべての区民が、共に生き、共に支えあい、共に生活を楽しむ地域社会をめざして取組を進める。

・地域で子どもたちが健やかに育ち、安心して子育てできるまちの実現に向け、子育てを応援する。また、子どもたちの未来が環境に左右されることなく、自分の可能性を追求できるまちをめざす。

・区民へ「まなびの場」が提供され、その成果が地域社会の活性化に活かされる社会をめざす。また、区民一人ひとりが自尊感情を大切にし、お互いを思いやり、支えあい、人権が尊重できる社会の実現をめざす。

・災害に強いまちをめざし、区民一人ひとりの防災意識を高めるとともに災害への備えを強化する。また、安全なまちをめざし防犯、交通安全の取組を進める。

・地域団体や企業等、多様な主体が、地域課題等を共有しながら地域の多様な意見を的確に反映し、各主体が特性を発揮し地域課題に取り組む自律的な地域運営をめざして取組を進める。

重点的に取り組む主な経営課題

経営課題1 だれもが地域で安心して暮らせるまちづくり

高齢者や障がい者を地域で支える仕組みづくりなど、関係機関、団体等と連携しながら地域福祉力の向上を図る。また、区民の健康づくりに向けた支援に取り組む。

《主な戦略》
【1-1 地域共生社会の実現】

区社会福祉協議会、高齢者・障がい者を支援する関係機関や地域等と連携し「支え手・受け手」という関係を超えて、すべての住民が自分らしく活躍できる地域共生社会をめざす。

《主な具体的取組》

【1-1-1 地域福祉力の向上】(予算額28,412千円)

住民主体の地域福祉ネットワーク活動推進事業を進め、地域住民からの相談受付や、生活課題等の解決につなげる。

経営課題2 子育てを応援するまちづくり

安心して子育てできるまちづくり、こどもたちがのびのびと健やかに育つことができるまちづくりに取り組む。


《主な戦略》

【2-1 安心して子育てできる環境づくり】 

地域の関係機関や関係団体と連携し、保護者やこどもが交流・情報交換できる場の設定や相談支援の充実、子育て等に関する情報発信の強化、また、こどもの居場所の確保や学習支援など、安心して子育てできる環境づくりを進める。


《主な具体的取組》

【2-1-2 児童虐待防止対策】(予算額11,672千円)

専門職である臨床心理士や保育士を雇用し、就学前の子どもがいる、育児に不安を抱える家庭や虐待のおそれやリスクのある家庭に対し家庭訪問等を実施するなど、状況に応じた十分な支援を行う。


経営課題3 まなびを応援するまちづくり

「まなび」を通して地域社会を活性化するとともに、すべての区民が互いに人権を尊重する社会の実現に取り組む。


《主な戦略》

【3-1 まなびを通じたつながりづくり】 

花と緑豊かな環境づくりへの活躍の機会や、生涯学習推進員と連携し、主体的に生涯学習に取り組むきっかけとなるような学びの機会を提供する。また、人権啓発推進員と連携し、地域に根ざした人権教育、人権啓発の取組みを行う。


《主な具体的取組》

【3-1-2 花と緑豊かな環境の推進】(予算額3,786千円)

区民から寄付金を募り、区内の公園又は学校等に記念植樹を行う。更に区で実施する事業や鶴見緑地で開催される花博30周年事業において、種花ボランティアと協働して育てた花の苗や区の花であるチューリップの球根を配布する。


経営課題4 安全なまちづくり

安全なまちづくりをめざし、地域、関係機関、区役所が一体となって防災対策を進める。また防犯意識を高め犯罪を起こしにくい環境づくりを進める。

《主な戦略》

【4-1 災害に強いまちづくり】

地域の自主防災力強化に向け、実践的な各種訓練等を充実するとともに、住民の防災意識の向上を図る。また、区災害対策本部の機能強化を図る。

《主な具体的取組》

【4-1-3 区災害対策機能の強化(公助)】(予算額 4,502千円)

区役所・関係機関・区民(地域)が連携し防災対策を進めるとともに、自主防災組織による自助共助意識の醸成を図り、地域の特性に応じた支援や、発電機、スポットクーラー、簡易無線機の配備等防災資機材を充実させる。

経営課題5 地域活動協議会による自律的な地域運営の促進

地域団体や企業、NPO等、多様な主体が特性を発揮し、さまざまな地域課題に取り組む自律的な地域運営に向けた支援に取り組む。

《主な戦略》

【5-1 地域活動協議会による自律的な地域運営の促進】
地活協のめざすべき姿に向けて、地域の実情に即したきめ細かな支援を行い、仕組みの定着を図ることで、より多くの住民参加による自律的な地域運営を実現する。

《主な具体的取組》

【5-1-1 地域活動協議会による自律的な地域運営の促進】(予算額 16,021千円)

地域と区役所、関係機関が連携し、まちづくりレポートの活用などを通し、地域の実情に応じたきめ細やかな支援を行う。

令和2年度鶴見区運営方針(案)

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市鶴見区役所 総務課政策推進グループ

〒538-8510 大阪市鶴見区横堤5丁目4番19号(鶴見区役所4階)

電話:06-6915-9173

ファックス:06-6913-6235

メール送信フォーム