ページの先頭です
メニューの終端です。

「もと淀川区役所跡地等活用方針」の公表及び市有不動産【土地】のプロポーザル方式による貸付のお知らせ

2019年4月18日

ページ番号:467999

「もと淀川区役所跡地等活用方針」を公表します

 大阪市淀川区役所は、 「もと淀川区役所跡地等活用方針」を決定しましたので、お知らせします。

 現在、「もと淀川区役所跡地」に存する一団の市有地は、もと水道局十三サービスステーション用地とともに未利用の状態となっています。また、跡地に隣接する自転車駐車場については、駅前の放置自転車対策の重要な施設となっています。(以下、これらの一団の市有地を「本件土地」という。)

 本件土地が所在する地域は、大阪市内でも交通の要所である阪急十三駅前に位置し、近隣住民だけでなく市外からの通勤や通学でにぎわうポテンシャルが高い地域です。

 しかしながら、近年は、商業施設も少なくなるなど、まちの活気が失われつつあり、防犯・防災力の低下も懸念される状況となっています。駅前の放置自転車対策だけでなく、にぎわいづくりやまちのブランド向上に資するような効果的な跡地の活用案を検討し、早急に実施することが喫緊の課題となっています。

 地域の各種団体からは、本件土地について有効活用を求める要望も上がっており、区民向けに行ったもと淀川区役所跡地活用に関する意見公募やアンケートでは、図書館の整備を求める意見が多く寄せられました。

 淀川区では「淀川区将来ビジョン2022 ―みんなの笑顔がつながるまち―」の実現に向け、教育子育て支援の充実や防犯・防災力の強化等を図るとともに地域コミュニティの活性化をめざしており、その点においても本件土地の早急な活用は重要であると考えています。

もと淀川区役所跡地等活用方針

事業のコンセプト

 もと淀川区役所跡地等に、「十三地区のブランド向上」、「にぎわいづくりや交流促進」、「淀川区政推進への寄与」が期待できるような複合施設を民間事業者の自由な発想とノウハウにより整備する。

 複合施設の中には「交流型ワイガヤ図書館」という新しいタイプの図書館を整備し、図書館周辺のフロアは図書館運営へのプラス効果が期待でき、淀川区政の推進にも寄与するような様々な工夫を施した、図書館との親和性がある施設計画とする。

複合施設のイメージ

民間事業者の自由な提案による複合施設(全体部分)

十三地区のブランド向上、にぎわいづくりや交流促進につながるような民間複合施設とし、内部には新たな淀川図書館を整備し、図書館をとりまく空間にも工夫をほどこす

交流型ワイガヤ図書館

子どもから大人まで多様なひとが自然に集い、交流の輪が広がり、人が繋がる図書館

複合施設内の図書館隣接部分

図書館周辺のフロアには図書館運営へのプラス効果が期待でき、淀川区政の推進にも寄与するような様々な工夫を施した、図書館との親和性があるような施設を配置

駅前立地に適応した駐輪場施設の整備
十三駅前の路上駐輪対策として、既存駐輪場機能の確保は必須であり、事業者の自由な発想による民設民営の駐輪場を整備

公募条件の概要

全体計画
  • 敷地全体を活用し、事業コンセプトを実現できるような複合施設を整備する
  • 合築や分棟などの配置計画は指定しない
活用手法
  • 一般定期借地方式
  • 既存施設は事業者負担により撤去
  • 借地期間は50年~70年の間で事業者が提案

    (注)図書館の運営可能期間は最低50年確保

  • 期間終了後は更地で本市に返還。
図書館
  • 必要面積:1,000平方メートル程度

    (注)1フロアで整備(内装も事業者が整備)

  • 整備完了後に大阪市が区分所有として取得(土地は自己借地権)
駐輪場
  • 民設民営
  • 附置義務とは別に、自転車350台分の収容能力確保
  • 既存の使用者に配慮した使用料や配置
事業者選定

二段階審査方式(プロポーザル型)

もと淀川区役所跡地等活用方針

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

市有不動産の貸付予定物件

「もと淀川区役所跡地等活用方針」に基づき、次のとおり物件の貸付を予定しています。
貸付予定物件は、今後予告なしに追加・中止・変更する場合があります。

物件の概要

所在地(地番)
  • 大阪市淀川区十三東1丁目21番3(もと淀川区役所跡地)
  • 大阪市淀川区十三東1丁目21番5(もと水道局十三サービスステーション用地)
  • 大阪市淀川区十三東1丁目45番2 (市営自転車駐車場) 
地積
5418.73平方メートル(3筆合計)
用途地域
商業地域
実施要領公表・公募期間等スケジュール
「もと淀川区役所跡地等活用方針」に基づき、平成31年(2019年)6月頃に事業予定者の募集を行いたいと考えていますが、公告日(実施要領公表日)までは、具体的な募集条件、公募期間等の質問・お問合せにはお答えできませんので、ご了承ください。
その他主な事項
  1. 本市が図書館を取得する際の借地借家法第15条に規定する自己借地権の設定を除き、借地権(賃借権)の譲渡は認めません。そのため、借地権付き分譲住宅等、第三者への借地権譲渡を前提とした提案を行うことはできませんが、賃貸借期間を通じて事業者が敷地全体の借地権者となり、借地権を転貸することで建物を第三者に分譲する提案は可能です。
  2. 定期借地権設定契約から平成33年(2021年)3月31日までの間は、本件土地の一部(大阪市淀川区十三東1丁目21番5、45番2)において本市が指定管理者制度により現行の駐輪場を運営するため、これらの土地について同期間中は事業者への引き渡しを留保します。また、事業者による駐輪場運営は平成33年(2021)年4月1日から竣工までの間も継続して駐輪場を運営し続けることとし、解体工事及び建設工事中も運営してください。
  3. 本事業は、以下の2点が議決されることを停止条件とします。(1)の議決がなされないときは定期借地権設定契約を締結せず、(2)の議決がなされないときは図書館施設の取得に係る売買契約が成立しません。

     (1)将来の図書館施設取得に関する債務負担行為が大阪市会において議決されること

     (2)図書館施設の取得に関して大阪市会及び教育委員会会議で議決されること

  4. 本件土地において、1区画のみ基準値を超えるヒ素が検出されており、土壌汚染対策法第11条の形質変更時要届出区域の指定を受けています。ヒ素が検出された1区画について、土壌汚染調査を平成30年度8月に実施し、深度9メートルまでの汚染を確認していますが、汚染深度は未確定となっています。(深さ8.3メートルで帯水層底面を確認し、難透水性の地層の厚さ確認のため、深さ9.0メートルまで掘削)

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市淀川区役所政策企画課
住所: 〒532-8501 大阪市淀川区十三東2丁目3番3号(淀川区役所5階)
電話: 06-6308-9405 ファックス: 06-6885-0534