ページの先頭です
メニューの終端です。

2018年度(平成30年度)淀川区運営方針

2019年6月17日

ページ番号:472802

運営方針の進捗管理(中間)を実施しました。その結果について、様式2・3の「中間振り返り」欄に反映しています。(平成30年10月5日)

運営方針の進捗管理を実施しました。その結果について、「自己評価」欄に反映しています。

 

区の目標(何をめざすのか)

  • 区民との協働によるまちづくりを推進し、「みんなの笑顔がつながるまち」をめざす。

区の使命(どのような役割を担うのか)

  • 区民に身近な総合行政の窓口として、誰もが安全・安心に暮らせるように施策を推進する。
  • 豊かなコミュニティの形成や多様な協働による地域活動を支援する。
  • 区民のニーズを的確に把握し、区政運営に反映するとともに、区民が利用しやすく信頼される区役所づくりに取組む。

2018年度 区運営の基本的な考え方(区長の方針)

  • 「みんなの笑顔がつながるまち」の実現に向けて、「安全・安心なまちづくり」「教育・子育て支援の充実」「つながるまちの実現」「区民のための区役所づくり」の取組を重点的に実施する。

重点的に取り組む主な経営課題

経営課題1 安全・安心なまちづくり

  • 自助、共助、公助の役割分担による減災推進の取組を促進する必要がある。
  • 犯罪防止には、住民の防犯に対する機運の高まりを図る必要がある。
  • 誰もが地域福祉活動に参加しやすい環境づくりや区民の身近な圏域での見守り支援体制の構築が必要である。

主な戦略

【1-1 防災対策】

  • 区民の防災意識向上のために、区民が多数集まる場所における啓発を実施する。
主な具体的取組(2018年度予算額)

【1-1-1 区民の防災意識向上】(1-1-2含む4,377千円)

  • 家庭での備蓄や大阪市防災アプリ等での災害時の情報収集の重要性を周知する。

主な戦略

【1-2 防犯対策】

  • 安まちメールの登録を周知するとともに犯罪発生状況に応じた啓発を行う。
主な具体的取組(2018年度予算額)

【1-2-1 区民の防犯意識の促進】(1-2-2含む1,665千円)

  • 安まちメールの登録促進活動や地域防犯活動を実施する。

主な戦略

【1-3 地域福祉の推進】

  • 淀川区地域福祉推進ビジョンを改定し、広く区民に周知していくことで地域福祉への関心を高める。
主な具体的取組(2018年度予算額)

【1-3-1 地域における見守り支援体制の構築】(31,978千円)

  • 改定した地域福祉推進ビジョンを周知するとともに「要援護者の見守りネットワーク強化事業」を推進する。

経営課題2 教育・子育て支援の充実

  • 学力、体力の向上のためには、基本的生活習慣を身につける取組が必要。
  • 全ての子育て世帯が安心して子どもを育て、必要な支援・サービスを受けられることをめざす必要がある。

主な戦略

【2-1 学校教育支援】

  • 学校の自律的な取組を支援し、学力・体力の基本となる睡眠など生活習慣の改善支援を行う。
主な具体的取組(2018年度予算額)

【2-1-5 子どもの睡眠習慣改善支援事業(ヨドネル)】(632千円)

  • 分権型教育行政の枠組みにより、区役所と小中学校が連携して、子どもの睡眠習慣の改善を支援する取組を実施する。

主な戦略

【2-2 子育て支援】

  • 病児保育事業のサービス供給量の拡大や子育て支援や相談についての情報を発信し、必要なサービスの提供を充実させる。
主な具体的取組(2018年度予算額)

【2-2-1 訪問型病児保育(共済型)推進事業】(7,905千円)

  • 利用登録者が会費を拠出し、保育料に充てる共済型モデル事業を実施する。

経営課題3 つながるまちの実現

  • 誰もが気軽に参加できる地域コミュニティの実現に向けた支援が必要である。
  • 多様な協働の拡充を支援する仕組みが必要である。

主な戦略

【3-1 地域コミュニティの活性化】

  • 中間支援組織と連携し、地域や地域ボランティアの活動に役立つ情報を提供することにより、住民の理解促進を図る。
主な具体的取組(2018年度予算額)

【3-1-2 地域状況に応じたきめ細やかな支援】(3-1-1・3-2-1含む58,320千円)

  • 中間支援組織と連携し、地域の活動に役立つ情報の収集と提供を実施する。

主な戦略

【3-2 多様な協働の推進】

  • 様々な活動団体の連携、協働に向けた交流・コーディネイトの場づくりを実施する。
主な具体的取組(2018年度予算額)

【3-2-1 様々な活動団体の連携・協働】(3-1-1・3-1-2含む58,320千円)

  • 中間支援組織と連携し、テーマ型団体同士の交流会を開催するとともに、地域特性に応じた具体的なコーディネートを実施する。

経営課題4 区民のための区役所づくり

  • 区民の意見やニーズを施策や事業に展開するとともに、区政会議の効果的な会議運営が必要である。
  • 広報誌やホームページ、SNSなどの多様な広報媒体を効果的に活用するとともに、区民に関心のある情報を魅力的に発信する必要がある。
  • 全職員が接遇研修で得たノウハウを維持・継続し、かつ当事者意識をもって接遇向上に向けた機運を醸成していくマネジメントが必要である。
  • 一人ひとりの職員がチャレンジ精神を育み、高いコンプライアンス意識のもと、継続的・自律的に改革・改善を進めていくためのスキル向上や、職場力(チームワーク)による課題解決を推進するための意識改革が不可欠である。

主な戦略

【4-1 区民ニーズの的確な把握と反映】

  • アンケートや区政会議等により区民の意見を区政運営に反映させ、区政会議で委員から意見や評価を聴取し、施策に反映させる。
主な具体的取組(2018年度予算額)

【4-1-1 多様な区民のニーズや情報の的確な把握】(4-1-2・4-2-1含む30,940千円)

  • 区民の幅広いニーズや行政への評価を把握し、適切に区政運営に反映させるため、年2回の区民アンケートを実施するとともに、他区・他都市の事例を参考にニーズ把握の手法の多角化につなげる。

主な戦略

【4-2 区民の立場に立った情報発信】

  • 随時区民ニーズを把握し、区民が必要とする情報を広報誌、HP、SNSなど多様な広報媒体を効果的に活用し、より多くの区民に届ける。
主な具体的取組(2018年度予算額)

【4-2-1 区民が必要とする情報の発信】(4-1-1・4-1-2含む30,940千円)

  • 広報誌「よどマガ!」情報誌「YODO-REPO」を定期的に発行するとともに、情報発信に関する区民ニーズを把握する。

主な戦略

【4-3 区民の視点に立った区役所づくり(窓口サービスの向上)】

  • 「業務カイゼンチーム」で窓口サービスの向上、業務の効果的・効率的な業務改善を検討する。
主な具体的取組(2018年度予算額)

【4-3-1 窓口サービスの向上 】(―千円)

  • 接遇研修を実施し、淀川区接遇マニュアルに沿った各自セルフチェックによる具体把握及び改善指導を行う。

主な戦略

【4-4 区民の視点に立った区役所づくり(効率的な区行政運営)】

  • 業務プロセスの改善や事務の集約化を実施する。
主な具体的取組(2018年度予算額)

【4-4-1 プロセスの改善や集約化による効果的・効率的な業務運営】(-千円)

  • 改善や効率化につながる提案を「淀川区ダイエット作戦」と称し、職員からの提案を得ることにより、職場全体が改善を意識する風土を醸成する。

「市政改革プラン2.0」に基づく取組等

【改革を推進する職員づくり】

  • 係員を含めた目標管理制度を活用し、目標や課題を上司との面談により共有し、同じ認識で業務を遂行する。

【地域に根ざした活動の活性化(地縁型団体)(区政編 改革の柱1 Ⅱ-ア】

  • 各種団体と地域のつながりづくりにおいての意見交換を行い、課題やニーズの実態を把握する。

【「ニア・イズ・ベター」に基づく分権型教育行政の効果的な推進(区政編 改革の柱2 Ⅰ-イ)】

  • 「淀川区子ども教育会議(保護者・区民等の参画のための会議)」において、分権型教育行政の枠組みにそった施策にかかる学校との検討状況を伝え、意見聴取する。

2018年度淀川区運営方針

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

平成30年度 淀川区運営方針改定履歴

改定履歴

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

策定経過

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市淀川区役所政策企画課
住所: 〒532-8501 大阪市淀川区十三東2丁目3番3号(淀川区役所5階)
電話: 06-6308-9405 ファックス: 06-6885-0534