ページの先頭です
メニューの終端です。

やまちゃんの"こころ"(令和元年11月号)

2019年11月1日

ページ番号:484120

やまちゃんの”こころ”(淀川区長 山本正広)

児童虐待をなくすために私たちができること

 児童虐待、私はどうしても他人事に思えません。。

 3人目の子どもを育てる時、困惑したことがありました。教えたことがちゃんとできない。たった今注意したのに、すぐに同じ間違いをする。長女、長男ではそういうことがなかった。最初からできなくても、何度か教えればその通りにした。ですから、私はつい「こいつはちゃんと親の言うこと聞いてないんかな?私の言うことバカにしてるのかな?」と思ってしまいました。

 「今、ゆうたやろ!」、「何で教えたようにせえへんねん!」声を荒げたこともありました。正直、て手を上げかけたこともあります。

 そんな時、何か面白いタイトルだなと思い『のび太・ジャイアン症候群』という本をたまたま手にしました。

 いわゆるADHD(注意欠陥・多動性障がい)を紹介する本です。そこに書かれている症例を読んで、「ああ、うちの子は”聞かへん”じゃなく”聞けない”。”やらへん”じゃなく”やれない”んや一番しんどかったのはたけし自身なんだ」ということにやっと気づきました。

 それからは焦らずじっくり接するようになれましたが、読んでなければカッとなって手を上げることが絶対になかったか、と問われると自信はありません。私も虐待の加害者になる可能性は大いにあったのです。

 皆さんに特にお願いしたいのは「虐待かな?」と思った時に、できるなら声をかけてあげてほしいということです。それもできない状況なら、迷わずに通報してください。

 痛ましい虐待事件があった時に近所の人が「そういえば・・・」なんて言ってる様子がよく報道されます。後で悔やんでも取り返しはつきません。心配なことがあったら下記で紹介する「区役所子育て支援室」や24時間対応の「児童虐待ホットラインなど」へどうか

ご連絡ください。未来を守るため、どうかよろしくお願いします。

一人で悩まず、相談してみませんか?

電話での相談

  • 電話教育相談(こども専用) 電話:06-4301-3140
    月曜日~金曜日 9時~19時(祝日、年末年始は除く)
  • 24時間子供SOSダイヤル 電話:0120-0-78310

LINEでの相談

学校で配布されたQRコードをLINEアプリで読み取って相談窓口アカウントを友達登録してください。相談時間など詳しくは「LINEによる相談窓口について」のページをご覧ください。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市淀川区役所 政策企画課

〒532-8501 大阪市淀川区十三東2丁目3番3号(淀川区役所5階)

電話:06-6308-9404

ファックス:06-6885-0534

メール送信フォーム