ページの先頭です
メニューの終端です。

【保育】新型コロナウイルス感染症の感染予防にかかる各種取扱いについて(令和2年7月1日更新)

2020年7月1日

ページ番号:498837

令和2年4月6日更新内容:

令和2年4月3日の大阪市の取扱い変更に伴い、淀川区での取扱い内容を更新いたします。【育児休業からの復職時期の取扱い】、【想定される事例】の項目をご確認ください。

 

令和2年4月8日更新内容:

緊急事態宣言に伴い、淀川区での取扱い内容を更新いたします。【育児休業からの復職時期の取扱い】、【想定される事例】、【保育料につきまして】の項目をご確認ください。

 

令和2年4月27日更新内容:

令和2年4月24日から求職活動について取扱いが変更されましたので内容を更新しホームページのタイトルも変更いたします。【求職活動を事由とする保育認定の取扱いについて】の項目をご確認ください。

 

令和2年5月11日更新内容:

【育児休業からの復職時期の取扱い】について緊急事態宣言の期間延長に伴う追記をしています。

 

令和2年5月25日更新内容:

令和2年5月21日に大阪府における緊急事態宣言が解除されましたが、これに伴う対応につき更新いたしました。取扱いが変更となったものにつきましては【育児休業からの復職時期の取扱い】、【想定される事例】、【保育料につきまして】の項目をご確認ください。

 

令和2年7月1日更新内容:

求職活動を事由とする保育認定期間が令和2年9月30日以降に満了する方の取扱いが通常の取扱いに変更されます。現在、求職活動を事由として保育施設等を利用されている方は必ず【求職活動を事由とする保育認定の取扱いについて】の項目をご確認ください。

淀川区役所保育担当(06-6308-9423)までご相談ください

 令和2年4月1日から保育施設等への入所が内定している育児休業者の復職時期について、複数の保護者様からお問合せ・ご相談をいただいているところでございます。

 淀川区としては、国内状況が日々変化していることもあり、復職時期については各ご家庭の状況に応じて次のとおり対応してまいりたいと考えております。

育児休業からの復職時期の取扱い

 令和2年4月1日から保育施設へ入所内定している育児休業者の復職時期について、大阪市ホームページでお伝えしております。

 このたび、緊急事態宣言が解除されることとなりましたが、保育施設等ではこれまでどおり5月31日までは感染防止の観点から保育の提供を縮小します。 保護者の皆様には、就労や福祉的配慮によりどうしても保育を必要とする場合以外は保育所利用を控えていただくようお願いしております。

 そして、6月1日から6月30日までの間は、可能である方に対してのみ家庭での保育への協力をお願いすることとなりました。例えば、既に6月30日まで育児休業の期間を延長された方や職場が閉鎖されて休暇扱いとなっている方などが該当します。

 この対応に伴い、4月中に育児休業から復職される予定だった方は、全員、復職期限を7月末までに延期します。なお、復職証明書は8月末までに提出いただくこととして取り扱います。

想定される事例

 家庭保育への協力により復職期限が延期される事例として、下記のようなものが想定されます(あくまで一例です)。

  • 感染の蔓延状況等などの理由で雇用先から復職時期を遅らせる要請があり、育児休業期間が延長されることになった場合
  • 6月30日までの家庭保育協力の期間は保育所利用を控え、経過後は感染予防の観点から施設側との調整を経て自主的に家庭保育を続ける場合(復職日と慣らし保育期間の調整にお気を付けください)
  • 4月7日までは慣らし保育で預けていたが、5月31日までの保育提供縮小の期間及び6月30日までの家庭保育協力の期間は保育所利用を控えることとなった場合

求職活動を事由とする保育認定の取扱いについて ※New

 緊急事態宣言を受け、大阪市では保護者の皆様には就労や福祉的配慮が必要な場合等を除き、ご利用を控えるよう要請していました。そのために求職活動が充分に行えていない実態をふまえ、取扱いを特別に変更していましたが、家庭保育協力期間の終了にともない、令和2年9月30日以降に求職活動を事由とした保育認定期間が満了する方については取扱いを通常通りとします。

 くわしい説明は大阪市ホームページをご覧ください。

 下記では具体事例を用いて説明いたします。

【事例】求職活動事由の保育認定が満了する日を7月31日とした場合

通常の取扱い
  1. 8月からの利用について改めて申込期限までに認定申請を行う
  2. 8月入所について利用調整(=選考)を行う
  3. 利用者に内定すれば8月から継続して利用できる
  4. 11月からの利用について改めて申込期限までに認定申請を行う
    <以降繰り返し>
令和2年8月31日までの保育認定期間の方にかかる特別な取扱い
  1. 8月からの利用について改めて申込期限までに認定申請を行う
  2. 8月から継続して利用できる(利用調整はしません)
  3. 11月からの利用について改めて申込期限までに認定申請を行う
  4. 通常の取扱いの2へ続く(11月として読み換えてください)

となります。

(注)9月からの利用までは認定申請(当初の利用申込時の認定申請と同じ手続)を行い事由が認定されれば、継続しての利用が確定します。

(注)それぞれ期限までに手続を終える必要がありますので、お気を付けください。

  • 6月からの認定申請は5月7日まで(終了)
  • 7月からの認定申請は6月5日まで(終了)
  • 8月からの認定申請は7月6日まで
  • 9月からの認定申請は8月5日まで

(注)10月以降の認定申請では本取扱いは行いませんのでお気を付けください。

お問い合わせください

 該当する世帯の保護者様については、この件についてご不安な点などございましたら、保育担当までご相談ください(その際、お子様のお名前などを確認する場合があります)。

 お問い合わせ先は本記事の最後にございます。

保育料につきまして ※New

 家庭保育協力期間及び保育提供縮小期間の保育料につきましては軽減する方向で決まりました。令和2年3月以降6月分までの保育料について適用されます。

 くわしくは大阪市ホームページにてお知らせしています。

 現在、3月分保育料にかかる減額通知書を対象者の方にお送りしております。8月末までに6月分までを順次お送りいたしますのでよろしくお願いいたします。

今後の取扱いにつきまして

 今後も、新型コロナウィルス感染症の蔓延状況を鑑みて取扱いを随時変更させていただく可能性がございます。上記はあくまで現時点での取扱いであり、国・市の方針変更に伴い本取扱いも変更になる可能性があることをご了承願います。

お問い合わせ先

淀川区役所保健福祉課子育て支援担当(保育担当)

住所:大阪市淀川区十三東2丁目3番3号

電話:06-6308-9423

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

似たページを探す

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市淀川区役所 保健福祉課子育て支援担当

〒532-8501 大阪市淀川区十三東2丁目3番3号(淀川区役所2階)

電話:06-6308-9423

ファックス:06-6303-6745

メール送信フォーム

このページへの別ルート

表示