ページの先頭です
メニューの終端です。

新型コロナウイルス感染症と季節性インフルエンザの同時流行に備えた休日等における体制整備について

2022年11月29日

ページ番号:585694

概要

 大阪市では、今冬に懸念される新型コロナウイルス感染症の第8波の到来と季節性インフルエンザの同時流行による発熱患者の増加を想定し、休日及び年末年始におけるさらなる体制の充実・強化を図るため、大阪市立総合医療センター、大阪市立十三市民病院及び大阪公立大学医学部附属病院とともに、民間医療機関に臨時発熱外来を新たに設置します。

 また、発熱患者の増加に伴い、保健所への問い合わせが増加すると予想されることから、コールセンターのうち一般相談センターの回線数を臨時増設するとともに、高齢者専用ダイヤルを新設します。

詳細については大阪市ホームページをご確認ください

対応医療機関

大阪府内の診療・検査医療機関について詳しくは大阪府ホームページをご確認ください。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市淀川区役所 政策企画課

〒532-8501 大阪市淀川区十三東2丁目3番3号(淀川区役所5階)

電話:06-6308-9404

ファックス:06-6885-0534

メール送信フォーム