ページの先頭です

所得税は課税されていないのに、個人市・府民税が課税されているのは

2017年8月23日

ページ番号:20214

所得税は課税されていないのに、個人市・府民税は課税されているのですが、なぜですか?

 所得税の場合、所得金額よりも所得控除額が大きければ、納める税額はありません。

 一方、個人市・府民税においては、所得控除額の多少に関わらず、所得金額が一定額(扶養親族がいない場合:35万円(給与収入の場合:100万円))を超えれば個人市・府民税が課税されます。このため、ご負担いただく所得税額がない場合でも、個人市・府民税をご負担いただく場合があります。

参考 個人市・府民税が課税されない方

 前年中の合計所得金額が一定額(扶養親族がいない場合:35万円(給与収入の場合:100万円))以下であれば、個人市・府民税(均等割所得割)は課税されません。詳しくは、「個人市・府民税が課税されない方」をご覧ください。

お問い合わせ先(市税事務所)

 個人市・府民税に関する手続きや具体的な課税内容などに関するお問い合わせは、お住まいの区を担当する市税事務所(個人市民税担当)へお願いします。

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

●個人市・府民税に関する手続きなどについては、上記の市税事務所(個人市民税担当)までお問い合わせください。

メール送信フォーム