ページの先頭です

租税教室を開催していま~す

2018年12月3日

ページ番号:69990

「税金は何のためにあるの?」「税金がなくなったらどうなるの?」そんなギモンにお答えします!

大阪市財政局では、税金のことを皆さんに知ってもらうために、小学校などで「租税教室(そぜいきょうしつ)」を開催して、毎日の授業ではなかなか聞くことのないお話をさせてもらっています。

大阪市財政局からだけではなく、税務署の人などが学校に行って租税教室を開催することもあります。

興味をもったら、学校の先生などと一緒に下のリンク先の大阪国税局ホームページを見てください。

大阪国税局ホームページ 租税教室
別ウィンドウで開く
大阪国税局ホームページ内に租税教室の案内ページがあります。

租税教室通信 ~税務部~

平成22年3月9日(火曜日)に大阪市立今福小学校で「わくわく市税教室」を開催しました。

小・中学生のみなさんに税金について楽しく学んでもらうために、財政局ホームページ内に開校した「わくわく市税教室」を使って、平成22年3月9日(火曜日)に、財政局税務部の職員が講師になって、大阪市立今福小学校の5年1組のみさなんと一緒に税金の勉強をしました。
 パソコンが設置された教室で、「わくわく市税教室」にみんなが参加し、税金ってなんだろう?といった素朴な疑問から、大阪市の地図を見ながら税金が使われているところを確かめたり、かわいいキャラクターに喜んだりと、楽しみながら税金の勉強をしました。
 また、みんなで、「うでだめしテスト」にチャレンジし、間違えたところは復習したりしながら、全問正解の表彰状を全員がもらいました。
 授業の最後には、アンケートに協力していただき、「わくわく市税教室」についての感想や意見などをいただきました。

みなさ~ん 税金って知ってますか?

わくわく市税教室

授業風景

授業風景

租税教室通信 ~梅田市税事務所~

わたしたち梅田市税事務所では学校のご協力をいただき、みなさんに楽しく税金のおはなしをする「租税教室(そぜいきょうしつ)」を開催しています。平成二十二年度(平成二十二年四月~平成二十三年年三月の間)も租税教室を通して多くの子どもたちに税金は『社会の会費』であることを知っていただくことができました。

租税教室通信 ~京橋市税事務所~

京橋市税事務所において,中学生の職場体験学習を実施しました!平成23年11月1日~2日に、蒲生中学校から2年生の生徒さんをお迎えして、京橋市税事務所での職場体験学習を実施しました。 昨年も同じ蒲生中学校から3名の生徒が京橋市税事務所での職場体験学習をしていただきましたが、今年は5名もの生徒さんに来ていただきました。
当日来てくれたのは3人とも男子生徒さん。みんな相当緊張気味でしたが、受け入れ側の私たち職員も少し緊張していました。
この職場体験学習では、市税事務所でどんな仕事をしているのかということを体験していただくとともに、「税金」の大切さも学んでほしいという職員の思いから、そもそも「税金」とはどういうものかといったことや、市税事務所でどんな税金を扱っているかということについての簡単な講義(授業)も受けていただきました。
所長からのあいさつの後、まずは市税事務所の職場の見学をしていただきました。
見学後、時間割に沿って、まずは大阪市の子ども向けホームページを使っての市税の勉強です。
消防局から借りた消防服を着た職員も登場しました。消防服は火に強い素材を使用したり、靴のつま先に鉄板が入っていたりするので、その分費用が高くなります。この消防服一式揃えるには高いお金がかかるものなので、税金が使われています。
この後、市の税金それぞれについての説明(授業)をしました。
授業の中で、納税交渉の模擬体験もしていただきました。市税事務所職員が相談に来た人の役、生徒さんが納税相談職員役をしました。これで1日目の職場体験学習が終了です。
昨日は京橋市税事務所の中でいろいろと勉強や体験をしてもらいましたが、2日目は外での仕事体験ということで、住宅展示場において、固定資産税額を決めるうえでの「家屋の評価」の学習をしてもらいました。
住宅の壁の材質を調べるために壁を叩いてみたり、住宅内のいろいろな設備を点検したりしながら、みんな真剣にメモを取っていました。
市税事務所に戻ってきて、先ほど住宅展示場で見てもらったことを基に、実際に家屋評価の計算をしてもらい、評価の点数のつけ方について家屋担当の職員が解説しました。
最後に閉講セレモニーを行い、この2日間の職場体験の感想を話してもらいました。閉講セレモニーや、2日目に書いていただいたアンケートにおいて、「計算が難しかったけど楽しかった。」「かなり勉強しなければならないので市税事務所で働くのは大変だと思った。」という感想とともに、「税金がないと学校が建てられなかったり、警察・消防などに来てもらうことができなくなるので、税金は大切なものだとわかった。」との感想もいただきました。
最後に記念撮影です。2日間お疲れ様でした!

租税教室通信 ~弁天町市税事務所~

  H22年4月~H23年3月末までの1年間、弁天町市税事務所では、次の小・中学校で「租税教室」を開催し、児童・生徒のみなさまと一緒に税金について勉強しました。

   各学校及び各関係機関のみなさまへの感謝とともに、ここに、ご報告申しあげます。

開催校
                     それでは、授業風景を少しご紹介します。授業はだいたい45分間で行っています。

大阪市立三先小学校6年生のみなさんと

租税教室のはじまりは、みなさんの元気のいい挨拶と、講師の自己紹介からです。


「それでは授業を始めます。」

「礼!」「着席!」

みなさんの明るい声と笑顔に、講師のわたしたちの気持ちも楽しくなります。


自己紹介をしてみなさんと仲良くなったら、いよいよ、税金についてのお話を始めます。


大阪市立築港小学校6年生のみなさんと

  みなさんはどんな税金を知っていますか?

  「みなさんが知っている税金の名前を発表してください。さあ、どうぞ!」

  「はい、消費税です!」

  元気よく答えてくれました。

  買い物をするときに払う消費税は、みなさんにとっても、身近な税金の1つなんですね。

  また、みなさんが税金にもつイメージについても発表してもらい、税金の役割ってなんだろう、と一緒に考えました。


マリンとヤマト

みなさんは考えてみたことがありますか?
なぜ、税金という仕組みがあるのでしょう?


それを知るために、マリンとヤマトの2人と一緒に、「税金のない世界」を体験するDVDを鑑賞しました。

さて、税金がなくなると、わたしたちの生活はどう変わるのでしょう?


みなさん、真剣に画面を見つめていました。

大阪市立玉川小学校、大阪市立上福島小学校6年生のみなさんと

                        DVDを観た後は、税金クイズにチャレンジです。
                         小学校の校舎を建てる費用はいくらか?なんて問題も出てきて、みなさん一生懸命考えていました。
大阪市立三先小学校、大阪市立玉川小学校6年生のみなさんと

                       税金クイズの正解発表は、租税教室の中でも一番盛り上がる瞬間です。 

                        みなさん、やっぱり、自分で悩んで出した答えが正解だったら嬉しいですよね。

                        また、不正解でも、「えー!そうなんや!」と新発見と驚きの連続で、税金についてどんどん詳しくなることができます。

                        税田ニャン吉先生のお仕事の予定が合えば、この税金クイズの正解発表に特別ゲストとして参加してもらうこともあります。

大阪市立築港小学校、大阪市立池島小学校6年生のみなさんと

                        税金クイズのあとは、なんと、1億円が登場!といってもレプリカですが、重さは本物。

                        1億円の重さをみなさんに体験してもらいます。

                        「うわぁ、重い!手がしびれる!」1億円は約10kg。みなさんには、少し重たかったかも知れませんね。

大阪市立築港小学校、阪市立池島小学校6年生のみなさんと

                        授業の最後に、復習とまとめを行います。
                         税金は世の中のどこに使われているのか、
                         そして、DVD鑑賞で学んだように、税金がない世界ではわたしたちの生活はどう変わってしまうのか。
                         税金は、みんなが暮らしやすい世の中をつくるために必要な「会費」のようなもの、ということをみなさんにお伝えして、授業は終了です。
                        
大阪市立上福島小学校6年生のみなさんと
                        みなさんが大人になったとき、わたしたちみんなが暮らしやすい世の中をつくるためには、どんなところに、どんな税金が必要なのか、
                         そして納めた税金がどのように使われているのか、しっかりと自分自身で考えられるような、そんな大人になってくださいね。

                         こういった授業があったことを少しでも思い出してもらえれば嬉しいです。

                          各小・中学校のみなさん、元気な楽しい授業をありがとうございました!

租税教室通信 ~なんば市税事務所~

なんば市税事務所では、みんなと一緒に税金の勉強をする租税教室をしています。平成22年度(平成22年4月~平成23年3月)は浪速区(難波元町小)と生野区(中川小、東小路小、田島小、北鶴橋小)とで計5校の小学校で開催しました。今回は平成22年12月17日に行った難波元町小学校(浪速区)の租税教室を紹介します。参加してくれたのは6年生(児童20人)のみんなです。

租税教室通信 ~船場法人市税事務所~

船場法人市税事務所では、今回初めて租税教室を開催しました。

1月21日、浪速区の日東小学校において38人の6年生といっしょに税金について学習しました

 授業のはじめに、税金クイズや学習ビデオ(アニメ)の上映など税金に少しでも興味をもってもらいながら、税金の使い道や大切さについて勉強しました。
授業のはじめに、税金クイズや学習ビデオ(アニメ)の上映など税金に少しでも興味をもってもらいながら、税金の使い道や大切さについて勉強しました。
 また、1億円レプリカ(大きさも重さも本物と同じ)を持ってもらい、1億円を実感してもらったり、税金が使われている消防服を着て登場もしました。

これにはみんなも興味津々でとても喜んでくれました。

また、1億円レプリカ(大きさも重さも本物と同じ)を持ってもらい、1億円を実感してもらったり、税金が使われている消防服を着て登場もしました。これにはみんなも興味津々でとても喜んでくれました。

 

 

授業内容についてのアンケートでは、ほとんどの児童が「税金について興味・関心がもてた」「理解できた」と回答してくれました。とてもうれしかったです。

 

これからもより内容を充実させ、楽しい税金の授業を開催して、多くのみなさんに税金について学んでほしいと思います。

わくわく市税教室
税田ニャン吉先生

このページの作成者・問合せ先

大阪市 財政局税務部管理課管理グループ

住所:〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所6階)

電話:06-6208-7741

ファックス:06-6202-6953

メール送信フォーム