ページの先頭です

防災・減災対策の強化による社会基盤再構築を求める意見書

2012年7月6日

ページ番号:175824

平成24年7月6日

衆議院議長 参議院議長

内閣総理大臣 総務大臣

財務大臣 文部科学大臣  

厚生労働大臣 経済産業大臣

国土交通大臣 内閣府特命担当大臣(防災) 各あて

    

 高度経済成長期から道路や橋梁、上下水道など社会資本の整備が急速に進んだ。当時建設されたものは現在、建設後50年を迎え、老朽化が進んでいる。国土交通省の「道路橋の予防保全に向けた有識者会議」は提言(平成20年5月)の中で、「平成27年には6万橋が橋齢40年超」となり、建設後50年以上の橋梁が平成28年には全体の20%、平成38年には同47%と約半数にも上る現状を提示し、経年劣化により「劣化損傷が多発する危険」を指摘している。今後、首都直下型地震や三連動(東海・東南海・南海)地震の発生が懸念される中で、防災性の向上の観点からも、社会インフラの老朽化対策は急務の課題といえる。

 災害が起きる前に、老朽化した社会資本への公共投資を短期間で集中的に行うことによって、全国で防災機能の向上を図ることができる。と同時に、それは社会全体に需要を生み出すことになる。つまり、防災・減災と経済活性化をリンクさせた諸施策の実施が可能なのである。

 一方、景気・雇用は長引くデフレと急激な円高によって極めて厳しい状況が続いており、そのために必要な政策が需要の創出である。そこで、雇用の創出に必要な公共事業として公共施設の耐震化や社会インフラの再構築の潜在的需要が高くなっていると考える。

 よって国におかれては、国民と日本の国土を守り、安全・安心な社会基盤を再構築するため、防災・減災対策としての公共事業を緊急かつ集中的に行い、経済の活性化や雇用創出に資する防災対策を以下のとおり実施されるよう強く要望する。

 

                                 記

 

一、道路や橋梁、上下水道、河川道、港湾など、老朽化が進み更新時期が近づいている社会インフラを早急に点検・特定し、維持・更新のための公共投資を積極的かつ集中的に行うこと。

一、電気、ガス、水道、通信などのライフラインの共同溝化・無電柱化を促進し、都市の防災機能の向上を図ること。

一、地域の安全・安心のために、学校等の公共施設や病院・介護等の社会福祉施設など地域の防災拠点の耐震化及び防災機能の強化を推進すること。

 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

市会事務局 議事担当
電話: 06-6208-8681 ファックス: 06-6202-0508
住所: 大阪市北区中之島1丁目3番20号