ページの先頭です

生活保護制度における医療費の一部自己負担を求める意見書

2015年3月5日

ページ番号:193161

平成24年11月20日可決

衆議院議長 参議院議長

内閣総理大臣 総務大臣

厚生労働大臣 各あて

 

 現在、生活保護受給者は全国で211万人を突破し、過去最多を更新し続けている。

 大阪市の生活保護世帯は、リーマンショック後の急増期ののち、高止まりとなっているものの高齢世帯の増加などにより、保護世帯は増加傾向が続いている。こうしたことから、生活保護費は、平成23年度の一般会計決算で2,978億円と過去最大となっており、一般会計決算の17.6%に達するなど、大阪市の財政を大きく圧迫している。

 特に、生活保護費のうち44.5%を占める医療扶助は自己負担が無いため頻回受診や過剰診療が疑われる事例が存在するなど、その適正化は喫緊の課題となっている。

 生活保護は昭和25年の制度発足以来、時代に応じた抜本的改革がなされないまま今日に至っており、現在の社会経済情勢に対応できておらず既に破綻しているのは明らかである。

 よって国におかれては、最後のセーフティネットとして持続できる制度とするためにも、生活保護制度の抜本的な改革を進め、中でも、生活保護制度における医療費の一部自己負担の導入について、早急に必要な措置を講じられるよう強く要望する。

 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

市会事務局 議事担当
電話: 06-6208-8681 ファックス: 06-6202-0508
住所: 大阪市北区中之島1丁目3番20号