ページの先頭です

北朝鮮の核実験に抗議し核兵器廃絶と恒久平和を求める決議

2015年3月5日

ページ番号:205895

平成25年2月15日可決

 世界の恒久平和は、人類共通の願いであり、我が国は、世界で唯一の被爆国として、これまでも非核3原則を国是として核兵器の廃絶を希求してきた。

 本市会においては、「平和都市宣言」など幾度となく平和に関する議決を行い、平成21年5月の北朝鮮の核実験に際しても全会一致で抗議の声をあげてきたところである。

 こうした中で、2月12日に北朝鮮が3回目の地下核実験を強行したことは、これまで繰り返し行われてきた安保理決議に明確に違反するとともに、日朝平壌宣言や平成17年の6者会合共同声明にも違反する断じて許されない暴挙である。国連安全保障理事会においては同日深夜に緊急会合を開き、北朝鮮を「過去3回の制裁決議に対する重大な違反」と強く非難している。

 さらに、北朝鮮がミサイル技術の高度化を図っていることから、北朝鮮の核実験は、我が国及び北東アジアはもとより世界中の平和と安全に対する深刻な脅威となっている。

 よって本市会は、世界の恒久平和を実現するため、北朝鮮の度重なる核実験に対して厳重に抗議する。また、我が国政府が、国家の防衛と国民の安全確保のため、米国、韓国をはじめ中国、ロシアと緊密に連携して国際世論を喚起し、安保理決議に基づく制裁措置が実効あるものになるよう努めるとともに、追加制裁を含め断固たる態度で臨み、国際社会と協調して問題の外交的・平和的解決を図られるよう強く要請する。

 以上、決議する。

 

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

市会事務局 議事担当
電話: 06-6208-8681 ファックス: 06-6202-0508
住所: 大阪市北区中之島1丁目3番20号