ページの先頭です
メニューの終端です。
スマートフォン表示用の情報の終端です。

天然記念物

2017年12月28日

ページ番号:1385

阿遅速雄(あちはやお)神社の大くすのき

くすのきイメージ

JR学研都市線放出(はなてん)駅の北西すぐに鎮座する阿遅速雄神社。

大阪府の天然記念物に指定されているのは、幹のまわり約6m、樹高約16m、樹齢1000年ともいわれている境内の大くすのき。

木の中央の幹がばっさり切られているのは、なんでも大正時代に落雷にあって、3分の1だけが生き残り、その後、20m以上もある枯れた主幹のため大きくなれなかったのを、木のお医者さんの手当でみごとに復活したといわれています。

そのほか当神社には特別神事である菖蒲刈祭の碑やおかげ灯ろう、道標などがたっています。また、本殿の前のこまいぬが、4匹並んでいるのは、全国でもめずらしいとか。聞くところによると、奥のこまいぬは、御神剣をお祭りされた1300年祭(昭和43年)のときに奉納されたもの。手前のこまいぬは江戸時代の文政3年(1820年)に奉納されたものとのこと。年に隔たりはあっても4匹仲良く座っています。

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市鶴見区役所 総務課政策推進グループ(魅力創造)

〒538-8510 大阪市鶴見区横堤5丁目4番19号(鶴見区役所4階)

電話:06-6915-9176

ファックス:06-6913-6235

メール送信フォーム