ページの先頭です
メニューの終端です。
スマートフォン表示用の情報の終端です。

区内に残る言い伝え

2017年12月28日

ページ番号:1238

野崎参りの様子

 野崎慈眼寺は、永禄8年(1565)の兵火でお堂が全焼したので、江戸時代の寛文 11年(1671)に5世大真和尚が、参拝者を誘致し寺運興隆をはかるため、4月1日から8日間、25年目に一度秘仏の観音様を特別開帳して法会することとし、事前に三郷の辻々に立札を立てて宣伝したので有名になった。ちょうど、時候も、眺めもよく、散策コースとして手頃であったため活況を呈した。

享保6年(1721)、道頓堀竹本座で近松門左衛門作「女殺油地獄」が初演され、続いて安永9年(1780)、同座で「新版歌祭文」が初演された。両方とも野崎参りを背景とした芝居で、これにより野崎参りはさらに有名になった。

大阪から船で行くには八軒家から乗船し、大川から寝屋川をさかのぼり徳庵、諸福をへて住道で上陸して歩くのが一般であった。

陸路は、ほとんどが堤の上で船と平行しており、徳庵堤では道行く者と船で行く者との口でのやり合いは「ふり売りけんか」といわれ、けんかに勝つとその年は縁起が良いが、けっして怒ってはいけないとされていた。

川沿いは出店もでてにぎわい、特に徳庵や住道や浜は混雑した。しかし、浪速鉄道が明治28年(1895)に開通してからは、船の利用が急激に減っていった。また、昭和8年(1933)東海林太郎「野崎小唄」がヒットし、屋形船が復活したが、それも2、3年で終わった。

寝屋川の巡航船

巡航船とその乗り場のイメージ

大正3年(1914)10月に城東巡航合資会社が、大阪巡航会社の巡航船を譲り受けて天満橋 -今福間を巡航した。巡航船は、30人乗りのスマートな船で、6馬力の石油発動機付きで非常に人気があった。天満橋の野田屋の前から片町-鴫野橋-朝日橋-今福間を就航していた。地元の要望もあり、今福から放出大橋-徳庵まで延長されたが、昭和7年(1932)、片町線が電化し、翌年8年(1933)、鴫野駅が出来てから乗客が減りだした。さらに昭和9年(1934)1月から、大阪市バスが片町から今福・放出・徳庵方面へ乗り入れることになったので、廃業することになった。

探している情報が見つからない

このページへの別ルート

表示