ページの先頭です
メニューの終端です。

西成区の新たなにぎわいを創出する「Shin-Imamiya R Project(仮称)」と「提案型地域ストック再生モデル補助金交付事業」を実施します

2019年8月7日

ページ番号:477138

 大阪市西成区役所は、新今宮駅前南側一帯におけるリノベーションを促進させ、民間主体のにぎわいを創出するため、「Shin-Imamiya R Project(仮称)」と「提案型地域ストック再生モデル補助金交付事業」を行います。

 「Shin-Imamiya R Project(仮称)」では、地域密着型のイベント「SHIN-IMAMIYA FESTIVAL(仮称)」を、令和元年10月11日(金曜日)から10月14日(月曜日・祝日)の4日間と10月30日(水曜日)から11月4日(月曜日・振替休日)の6日間、合計10日間開催する予定です。

 さらに、事業者と地域をつなぐためのフォーラムや、空き店舗等のストックの利活用により、新たな事業者の参入を促すためのコーディネートを随時実施します。

 「提案型地域ストック再生モデル補助金交付事業」は、新今宮駅前南側一帯の空き店舗などのストックを再生する提案事業に対して、改修経費等の一部を補助するもので、令和元年8月22日(木曜日)~30日(金曜日)に申請の受付を行います。

Shin-Imamiya R Project(仮称)

SHIN-IMAMIYA FESTIVAL(仮称)

 新今宮駅周辺は、主要路線の各駅と直結する立地の良さなどから、近年インバウンド旅行者などの来訪が増加しています。こういった交流人口の増加を捉え、イベントを通じて西成区の魅力を伝え、この地域で活動したい人や店を開きたい人、事業を始めたい人、住みたい人などを将来的に増やすことで、地域ににぎわいを創出することを目的に開催します。

実施日

文化フェスティバル:令和元年10月11日(金曜日)~10月14日(月曜日・祝日)

にぎわいフェスティバル:令和元年10月30日(水曜日)~11月4日(月曜日・振替休日)

場所

新今宮駅前南側一帯

詳しくは、西成区ホームページ「SHIN-IMAMIYA FESTIVAL(仮称)を開催します」にて随時お知らせする予定です。

フォーラム

 空きビルや空き店舗、遊休地などのストック(以下、「ストック」という)の所有者をはじめ、エリアリノベーションに関心のある事業者などを対象に、「SHIN-IMAMIYA FESTIVAL(仮称)」開催の趣旨や地域のニーズ、ストック、人材、企画などについての情報交換や意見交換等の場として開催します。

実施日時

第1回 令和元年8月7日(水曜日) 19時~21時

(注)第1回は関係者のみ。

(注)第2回は令和元年9月中旬、第3回は令和元年12月中旬に開催予定です。

場所

太子中央ビル3階(大阪市西成区太子1丁目4番2号

参加予定者

山田 英範(ホテル中央 株式会社関西 代表取締役社長)

吉田 充男(ウーピー理容院 店主)

上田 假奈代(詩人、NPO法人こえとことばとこころの部屋代表理事)

石橋 友美(紙芝居劇むすびマネージャー、萩之茶屋本通商店街演芸場プロデューサー)

松村 嘉久(阪南大学 国際観光学部教授)

森田 純多(Wマーケット主催 株式会社トリックデザイン 取締役)

四井 恵介(有限会社CR-ASSIST 代表取締役)

足立 尚樹(ことなび株式会社 代表取締役)

(順不同 敬称略)

事務局

地域密着型エリアリノベーションビジネス促進事業共同企業体(株式会社インプリージョン、大阪府簡易宿所生活衛生同業組合、有限会社ケース(CASEまちづくり研究所))

Shin-Imamiya R Project(仮称)関係資料

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

提案型地域ストック再生モデル補助金交付事業

 新今宮駅前南側一帯の空き店舗等のストックを再生し、エリア内にインバウンド等を呼び込み、回遊性を持たせることで、にぎわいを創出することを目的とする提案事業に対して、改修経費等の一部を補助します。

対象区域

 補助対象区域は、西成区内の次の区域とします。

  • 山王1丁目~3丁目
  • 太子1丁目、2丁目
  • 天下茶屋北1丁目、2丁目
  • 萩之茶屋1丁目~3丁目
  • 花園北1丁目、2丁目

補助額(補助率)

  • 耐震診断費補助 補助率1/2以内
    1棟につき上限 2万5,000円
  • 耐震改修設計費補助 補助率1/2以内
    1棟につき上限 7万5,000円
  • 耐震改修工事費補助 補助率1/2以内
    1棟につき上限 120万円
  • ストック再生に係る改修工事費補助 補助率1/2以内
    1棟につき上限 300万円

(注)上記、1,000円未満の端数は切り捨て。

(注)補助対象費用は、他の制度による補助金(本市以外が交付するものを含む。)の交付を受けておらず、かつ、受ける予定のないものとします。

対象者

 補助対象建築物を所有又は取得もしくは賃借し、補助事業を行う事業者又は団体(個人(個人事業主含む)、法人(共同体事業者含む))で、次の1~7の要件をすべて満たすものとします。

  1. 補助事業を5年以上継続して実施すること。
  2. 補助対象工事及び補助事業を実施するにあたり、補助対象建築物等の所有者と合意形成が図られていること。
  3. 補助対象工事及び補助事業を実施するにあたり、関係する法令等を遵守し、関係機関からの指導、助言について適切に対応すること。
  4. 補助事業において、政治的、宗教的活動を行わないこと。
  5. 補助対象工事及び補助事業を実施するにあたり、周辺環境に十分配慮し、良好な近隣関係を損なわないように努めること。
  6. 補助事業について、補助事業者のホームページや看板、その他広告物等を用い積極的に情報発信すること。
  7. 本市に住所を所有することによって課税される市民税を滞納していないこと。

対象建築物

 不動産市場に賃貸用又は売却用として流通していない建築物であり、次に該当するものとします。

  1. 建築物の用途が戸建て住宅、長屋建住宅以外であること。又は、事務所、店舗その他これらに類する用途を兼ねる住宅であること。
  2. 建築基準法第9条に規定する措置が命じられていないものであること。
  3. 国又は地方公共団体等公的事業主体が所有又は管理するものでないこと。
  4. 固定資産税及び都市計画税が滞納されていないこと。

受付期間

  • 質問の受付期間:令和元年8月7日(水曜日)~8月16日(金曜日)17時30分まで
    (注)質問は電子メールのみ受付
  • 申請の受付期間:令和元年8月22日(木曜日)~8月30日(金曜日)9時~17時(12時15分~13時を除く)
    (注)申請は窓口への持参のみ受付

申請受付場所

大阪市西成区役所総務課7階72番窓口(大阪市西成区岸里1-5-20) 

(注)土曜・日曜日は受付できません

申請方法等、詳しくは、「提案型地域ストック再生モデル補助金交付要綱」等ご確認ください。

探している情報が見つからない