ページの先頭です
メニューの終端です。

地域における要援護者の見守りネットワーク強化事業

2019年3月19日

ページ番号:462665

地域における要援護者の見守りネットワーク強化事業のお知らせ

要援護者を地域での見守りにつなぐ

 天王寺区社会福祉協議会に設置された「見守り相談室」から、順次、区役所が保有する要援護者名簿に掲載された対象者※の方に個人情報の地域への提供について同意確認文書を送付します。同意された方の個人情報は地域等へ情報提供し、地域における災害時の避難支援や日頃の見守り活動に活用させていただきます。ご理解・ご協力をよろしくお願いします。

【対象者】

①高齢者の方

 ・介護保険の要介護認定で要介護3以上の方

 ・要介護2以下で認知症高齢者の日常生活自立度Ⅱ以上の方

②障がいのある方

 ・身体障がい1・2級、知的障がいA、精神障がい1級

 ・視覚障がい3・4級  ・聴覚障がい3・4級  ・音声機能障がい3級

 ・言語機能障がい3級  ・肢体不自由(下肢・体幹機能障がい)3級

③難病の方

 ・人口呼吸器装着等の医療機器等への依存が高い方

(参考)大阪市ホームページ

(参考)見守り相談室別ウィンドウで開く

孤立世帯等への専門職による対応

 孤立死等のリスクが高い要援護者に対して、福祉専門職のワーカーがねばり強くアウトリーチ(本人から要請がない場合でも積極的に出向いていく援助)を繰り返し、地域の見守り活動や福祉サービス等につなぎます。

認知症高齢者等の行方不明時の早期発見

 医療・福祉・介護事業者などの協力を得て、徘徊による行方不明の恐れがある認知症高齢者等に対する見守りネットワークを構築し、万一、認知症高齢者等が行方不明になった場合に、警察捜査の補完的なものとして、早期発見、保護につなげます。行方不明の恐れがある方は事前に氏名、身体的特徴などの情報を見守り相談室に申請することにより事前登録します。

対象者:認知症高齢者、若年性認知症の方及び認知症の疑い等により徘徊の恐れのある方

登録先:天王寺区社会福祉協議会「見守り相談室」

    06-6774-3385

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市天王寺区役所 保健福祉課福祉サービスグループ

〒543-8501 大阪市天王寺区真法院町20番33号(天王寺区役所2階)

電話:06-6774-9857

ファックス:06-6772-4906

メール送信フォーム