ページの先頭です
メニューの終端です。

毎月19日は食育の日!旬のレシピ掲載中~平成30年6月のレシピ~

2018年5月19日

ページ番号:332178

毎月19日は食育の日です!

~生涯にわたって大切にしたい食育~

 毎日の食事は健康づくりの基本です。毎食、主食・副菜・主菜をそろえてバランスよい食事を食べたいものです。生涯にわたり心も身体も健康に過ごすために、「食育(たべること)」に関心をもってみませんか?

~食育で育てたい食べる力~

★  心と身体の健康を維持できる

★  食事の重要性や楽しさを理解する

★  食べ物の選択や食事づくりができる

★  一緒に食べたい人がいる[社会性]

★  日本の食文化を理解し伝えることができる

★  感謝のこころ

東住吉区保健福祉センターと東住吉区食生活改善推進員協議会が連携し、地域の家庭における食育を応援するため、旬の食材で簡単な一品料理を提供します。ぜひ、一度ご家庭でお試しください。

6月の旬のレシピです!

1 鶏肉の炒めもの 山椒風味

鶏肉の炒めもの 山椒風味

材料(2人分)
◎大根 150g
◎ブロッコリー 30g
◎鶏もも肉 130g
◎パプリカ 10g
◎A〔しょうゆ 小さじ1 酒 小さじ1 おろしにんにく 小さじ1/4〕
◎小麦粉 大さじ1/2
◎揚げ油 適量
◎サラダ油 小さじ1/2
◎酒 大さじ1/2
◎しょうゆ 大さじ1/4
◎ピーナッツ 5g
◎粉山椒 適量

※栄養価(1人分)エネルギー 220kcal 食塩相当量 0.8g

〔つくり方〕
1 大根は厚めの短冊切りにし、ブロッコリーは小房に分けてゆでておく。鶏肉はひと口大に切り、Aを合わせてもみこみ、小麦粉をまぶす。

2 170~180℃の油で鶏肉をさっと油通しする。

3 フライパンにサラダ油を熱し、大根を4~5分程炒め、透き通ってきたら2の鶏肉を入れ、酒、しょうゆで味を調える。ブロッコリーを加えて炒め、器に盛り付ける。 

4 刻んだピーナッツ、粉山椒をふる。
※お好みでラー油をかけてもおいしく召し上がれます。

2 キャベツとひじきの酢のもの

キャベツとひじきの酢のもの

材料(2人分)
◎キャベツ 200g
◎ひじき(戻し) 40g
◎さけるチーズ 40g
◎りんご(皮付き) 20g
◎A〔酢 大さじ1/2 しょうゆ 大さじ1/4 みりん 大さじ1/2 水 大さじ1/2〕
◎わさび 適量

※栄養価(1人分)エネルギー 114kcal 食塩相当量 0.9g  
       
〔つくり方〕
1 キャベツは5mm~7mm厚さにざく切りにし、戻したひじきと一緒に熱湯にくぐらせて水気をきる。りんごは皮ごと細切りにする。 さけるチーズは他の材料と同じくらいの長さにさく。 

2 Aの調味料をボウルに入れ、1を加えて混ぜ合わせ器に盛り付ける。
※好みでわさびを加えてもおいしく召し上がれます。

5月の旬のレシピです!

1 まぐろのカルパッチョ風サラダ

まぐろのカルパッチョ風サラダ

材料(2人分)
◎さしみ用まぐろ 1さく(150g)
◎玉ねぎ 1/2個
◎大葉 5枚
◎ミニトマト 6個
◎A〔しょうゆ 大さじ1 砂糖 大さじ1 レモン汁 大さじ2 ねりわさび 小さじ1/2〕
◎オリーブ油 小さじ2
◎塩 少々

※栄養価(1人分)エネルギー 160kcal 食塩相当量 1.5g  
       
〔つくり方〕
1 玉ねぎをスライスして水につけ、辛味を抜く。
  大葉は千切りにする。
  トマトはヘタを取り4等分に切る。

2 フライパンにオリーブ油を熱しまぐろを入れ、表面の色が変わる程度に焼く。まぐろの粗熱がとれたら、2cmの厚さに切り、皿に並べ塩をふる。Aを合わせドレッシングをつくる。

3 ボウルに1の野菜とドレッシングの半分を合わせ、まぐろと盛り付け、残りのドレッシングを最後に回しかける。

【※まぐろは火を通し過ぎないように注意しましょう。】

2 たけのこと味噌そぼろまぜごはん

たけのこと味噌そぼろまぜごはん

材料(2人分)
◎ゆでたけのこ 120g
◎豚ひき肉 120g
◎さやいんげん 8本
◎ごはん 360g
◎A〔酒 大さじ1 しょうゆ 大さじ1 砂糖 小さじ2 みそ 小さじ2〕
◎ごま油 小さじ2

※栄養価(1人分)エネルギー 322kcal 食塩相当量 1.4g 
                        
〔つくり方〕
1 たけのこの上部はうす切り、残りは1cmのサイコロ状に切る。いんげんは1cmの小口切りにする。

2 フライパンにごま油を熱し、豚ひき肉を入れ、4~5本の菜ばしでまぜながら火を通し、色が変わったらたけのこを加え、2分程炒めAを入れる。煮汁が少なくなるまでさらに炒め合わせる。

3 さやいんげんを加え火が通ったら、ごはんとまぜ合わす。

4月の旬のレシピです!

1 さわらと豆腐の煮付け

さわらと豆腐の煮付け

材料(2人分)
◎さわら 2切れ
◎もめん豆腐 100g
◎〔ほうれんそう 1/4束 塩 少々〕
◎【煮汁】〔水 100ml 酒 100ml しょうゆ 大さじ2 みりん 大さじ1・1/2 砂糖 小さじ1〕 

※栄養価(1人分)エネルギー 268kcal 食塩相当量 2.2g

〔つくり方〕
1 さわらは熱湯をかけ、冷水にとり水気をふく。

2 豆腐はキッチンペーパーに包み、電子レンジ(500W)で2分加熱し、6等分に切る。

3 ほうれんそうは塩ゆでにし、冷水にとり水気をしぼり、3cm幅に切る。

4 鍋に煮汁の調味料を合わせ、煮立てば1、2を入れ、10分程度煮詰める。照りがよくなれば3を加えてさっと温める。

2 春キャベツと豚肉のごま酢あえ

春キャベツと豚肉のごま酢あえ

材料(2人分)
◎豚ロース肉(しゃぶしゃぶ用) 100g
◎キャベツ 200g
◎A〔すりごま 大さじ2 酢 大さじ1 砂糖 小さじ1/2 塩 少々〕

※栄養価(1人分)エネルギー 221kcal 食塩相当量 0.6g

〔つくり方〕
1 豚ロース肉はさっとゆでて半分に切る。 

2 キャベツは一口大に切り、ラップをして電子レンジ(500W)で約3分加熱し、冷まして水気をしぼる。

3 1と2をまぜ、合わせたAを加えてあえる。

 ※急ぐときはキャベツを水にさらし、冷ましてしぼる。

毎日の食事は健康の基本です。毎食、主食・副菜・主菜をそろえてたべましょう!!

 

東住吉区食生活改善推進員協議会は食育活動を推進しています!

東住吉区食生活改善推進員協議会は、地域において食を通じた健康づくりを推進するため、ボランティア活動を行っています。
親子向けから高齢者向けまで幅広い年齢層を対象とした教室・講座や、毎月19日の啓発活動など、地域の健康づくりに寄与しています。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る
  • Google+で共有する

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市東住吉区役所 保健福祉課保健・健診グループ

〒546-8501 大阪市東住吉区東田辺1丁目13番4号

電話:06-4399-9882

ファックス:06-6629-1265

メール送信フォーム