ページの先頭です
メニューの終端です。

生野区まち情報サイト 「いくのぐらし.com」を開設しました!

2018年10月19日

ページ番号:451990

 大阪市生野区役所では、平成30年10月19日(金曜日)正午から、官民連携でウェブサイト「いくのぐらし.com別ウィンドウで開く」を開設し、生野区まち情報の発信をスタートしました。

官民連携のオープン会議から生まれた「生野暮らし」の魅力発信サイト

 生野区役所では平成30年3月、生野区産業会青年部会の協力を得て官民連携の「生野区シティプロモーションオープン会議」を開催し、その後も会議を継続して、生野区の魅力を発信するため、イベントや情報発信のあり方を、延べ160人以上の方たちが参加して話し合ってきました。

 その中で「生野区のまち情報がまとまったサイトが無い」ことから、官民連携でウェブサイトの作成を行うこととなりました。行政の役割は情報をつなぎ、広報のサポートを行うことで、サイトの制作・運営は区民を主体とした「いくのぐらし.com編集部」が行います。

 取材・執筆を担当する「いくのなライター養成講座」を生野のまちを盛り上げたい方を対象に実施し、参加者を軸に10名程度のライターによるチームを編成しました。今後、グルメ・イベント・商品紹介・生野区の小ネタ・ユニークな人の紹介など、書き手の個性に応じたテーマで情報発信を行う予定です。

 

【 「いくのぐらし.com」のロゴデザイン 】

いくのぐらし.com
別ウィンドウで開く

 区の花「紫陽花」をモチーフとし、濁点と曲線がスマイルにも見えるようにしてあります。葉っぱの中に「生野で生きる」意味を込めて、葉脈に「生」をしのばせています。

 「なつかしい未来をつくる」のフレーズは、生野区の持つ古き良き空気を大事にしながら、未来に向けて課題解決をするまち、という意味をこめて、生野区シティプロモーションオープン会議の参加者が議論を重ねてつくりました。

クラウドファンディング機能を備え、生野区を盛り上げる企画を後押し

 「いくのぐらし.com」ホームページには、株式会社リタワークスの協力を得て、NPOや公共団体のファンドレイジング支援ツール「コングラント別ウィンドウで開く」を導入。応援企業や個人のサポーター登録、イベントを実現するクラウドファンディングが実施しやすい仕組みとなるだけでなく、官民連携一体となった区のまちづくりのさらなる推進をめざし、生野区区政推進基金の募集ページも掲載します。

 今後は「いくのぐらし.com」を起点に、生野区を盛り上げたいサポーターを集め、生野区のまちの魅力を区の内外に広く知ってもらうためのイベントや商品企画などを展開していく予定です。

探している情報が見つからない