ページの先頭です
メニューの終端です。

狂犬病予防注射

2019年4月25日

ページ番号:439151

 犬の飼い主は、生後91日以上の飼い犬に、狂犬病予防注射を受けさせ、注射済票の交付を受け、その犬に着けておかなければなりません。(毎年1回)

  毎年4月には、市内の小学校や公園などを会場として集合注射を実施しています。集合注射会場については、健康局ホームページをご覧ください。

 集合注射会場で注射を受けさせることができない場合には、最寄の動物病院で注射を受け、その際に渡される注射済証を中央区保健福祉センターへ提出し、注射済票の交付を受けてください。(注射済票交付手数料:550円) なお、委託動物病院では、通年(ただし一部の委託動物病院では、2月を除く)で、注射済票及び鑑札の交付を受けることが可能です。

注射済票を紛失した場合

 中央区保健福祉センターで再交付手続きを行ってください。(手数料:340円) なお、委託動物病院では注射済票の再交付は行っていません。

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

中央区役所保健福祉課生活環境グループ
電話: 06-6267-9973 ファックス: 06-6267-0998
住所: 〒541-8518 大阪市中央区久太郎町1丁目2番27号(中央区役所3階)

メール送信フォーム