ページの先頭です
メニューの終端です。

独木舟(まるきぶね)

2020年10月8日

ページ番号:302

昭和30年、現在の大今里西1丁目で発掘されたもので、出たときの様子からみて遠くから流されて来たものではなく、ここで杭につながれたまま使われなくなってしまったものと考えられます。ここからは独木舟と同時に古墳時代末頃の土器も出ていますので、恐らくこの頃にはかなりの人々が住み始め、集落もでき、魚などを取って暮らしていたものと思われます。独木舟は東成区民第一号が乗ったものと言って良いもので、はるか昔に思いをはせることのできる出土品です。
大今里西で発掘された独木舟の写真です。

大今里西で発掘された独木舟

≪戻る    次へ≫

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市東成区役所 総務課広聴・広報

〒537-8501 大阪市東成区大今里西2丁目8番4号(東成区役所3階)

電話:06-6977-9683

ファックス:06-6972-2732

メール送信フォーム