ページの先頭です
メニューの終端です。

高齢・障がい者及び妊婦疑似体験セットを貸し出します

2019年4月24日

ページ番号:233171

 高齢者、障がい者及び妊婦等の疑似体験を通じ、要援護者に対する理解を深め、支援される方が何を求めているかを考えることで、相互扶助、コミュニティづくりの大切さについて学び、地域コミュニティの強化につなげるため、疑似体験セットを西区内の各種団体、企業、学校等へ貸し出しします。
 みなさん、ご活用ください。

  • 高齢・障がい者疑似体験セット:12セット
  • 妊婦疑似体験セット:6セット

 

活用していただいています!

 

高齢・障がい者疑似体験セット内容

高齢・障がい者疑似体験セット着用の写真

(1) イヤーマフ
(2) おもりバンド手首用 2コ
(3) おもりバンド足首用 2コ
(4) 前かがみ姿勢体験ベルト(ベルト本体1本、ひざ下ベルト2本)
(5) 視覚障害ゴーグル
 A:ゴーグル本体
 B:白濁シート(ピンク色のシート)
 C:全盲シート(黒のシート)
 D:黄変シート(黄色のシート)
 E:視野狭窄シート(穴あきの黒シート)
(6) 杖

妊婦疑似体験セット内容

妊婦疑似体験セット着用している写真

(1) 妊婦疑似体験バック
(2) 取り扱い説明CD
(3) エプロン
(4) 砂袋1kg 5コ

貸出方法

 貸し出しを希望される方は、「高齢・障がい者及び妊婦疑似体験セット貸出要綱」をご覧いただき、下記の担当まで電話にて空き状況を確認の後、貸出申込書を提出してください。

西区役所への持ち込みもしくは郵送での提出をお願いします)
なお、使用上の遵守事項がありますのでご注意ください。(必ず要綱をご確認ください)
※貸出には審査がありますので、貸出希望日の7日前までに申込書をご提出ください。

疑似体験セット1セット分

※疑似体験セットは、1セットづつ写真の入れ物に入っています。ただし、杖は別。

活用していただいています!

津波・高潮ステーション「ぼう祭のつどい」の様子(平成26年3月9日)

3月9日に津波高潮ステーション「ぼう祭のつどい」で妊婦、高齢者・障がい者疑似体験セットを使っていただきました。

西区社会福祉協議会の方が体験コーナーを設けて、大人から子どもまでいろんな方に声をかけて体験していただきました。

関西大学の学生さんの「つり掘りLab」のコーナーでは、釣った紙のさかなに書かれたミッションをクリアするとバッジがもらえるゲーム感覚の防災体験をされていて、疑似体験もミッションに加えてくれていました。

体験セットを身に着けて会場内を一周した子どもたちは、「歩くのしんどい」とか「トイレいかれへん」、「まわりよく見えへん」などの感想もあり、社会福祉協議会の方は、「たいへんやろ。地震や津波のときは、手ひいたり助けてあげてや」と声をかけ、「うん」と素直にうなずく子どもたちがかわいかったです。
津波・高潮ステーション「ぼう祭のつどい」の様子

花乃井中学校での福祉体験の様子(平成26年2月18日)

2月18日に花乃井中学校の福祉体験の授業で、西区役所の妊婦、高齢者・障がい者疑似体験セットを使っていただきました。
体育館では、1年生の生徒さんが、妊婦さんや高齢の方、視覚障がいの方、車椅子の方などの体験をしました。また点字や手話もボランティアさんの指導のもと体験しました。
先生方と西区社会福祉協議会の方だけでなく、校下の5地域の方、近隣の企業、高齢者施設の方など多くのボランティアさんが手伝っておられました。
総勢161人の生徒さんが楽しく体験していました。実際に妊婦体験セットを身に着けてみて、「平気!」という元気な男の子もいましたが、「おも~い」、「大変」などの声もあり、ボランティアさんからは「こんな重い思いをして君たちを生んでくれたお母さんに、帰ったらお礼言おうね」と声をかけられ、テレながら返事をしている生徒さんもいました。
たくさんの方に支えられて、福祉教育ができているんだな、体験セットを使ってもらってよかったなと感じました。
はなのい中学校での福祉体験の様子

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

西区役所 総務課 事業調整グループ
電話: 06-6532-9978 ファックス: 06-6538-7316
住所: 〒550-8501 大阪市西区新町4丁目5番14号(西区役所5階)

メール送信フォーム