ページの先頭です

ギャンブル等にかかる一層の広告規制を求める意見書

2022年5月25日

ページ番号:431429

平成30年3月27日可決

 

衆議院議長  参議院議長

内閣総理大臣  総務大臣

文部科学大臣  厚生労働大臣

農林水産大臣  経済産業大臣

国土交通大臣  国家公安委員会委員長

内閣府特命担当大臣(消費者及び食品安全)  各あて

 

 平成29年9月に、国立病院機構久里浜医療センターが公表した「国内のギャンブル等依存に関する疫学調査(全国調査結果の中間とりまとめ)」によると、生涯を通じたギャンブル等の経験等を評価したもので、「ギャンブル等依存症が疑われる者」の割合は、成人の0.8%と推計されると発表された。

 この背景には、公営ギャンブル、パチンコ・パチスロが広く国民に普及している実態があると考えられる。

 国においては、平成28年12月にギャンブル等依存症対策推進関係閣僚会議を設置され、ギャンブル等にかかる広告のあり方について検討がなされ、平成29年8月にとりまとめられた「ギャンブル等依存症対策の強化について」では、公営ギャンブルの施行者によるポスターやホームページ等での注意喚起表示の取り組みなどが打ち出されているが、不十分と言わざるをえない。

 よって国におかれては、カジノを含むIR誘致を契機として、国内で本格的なギャンブル等依存症対策に取り組み、依存症者をこれ以上増やさないために必要な公営ギャンブルやパチンコ・パチスロに関する一層の広告規制を実施するよう求める。

 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市市会事務局 議事担当

〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所8階)

電話:06-6208-8681

ファックス:06-6202-0508

メール送信フォーム