ページの先頭です

姉妹都市(サンパウロ)

2019年1月9日

ページ番号:17087

サンパウロ(ブラジル)  成長し続ける南米最大の産業都市

プラッサ・ダ・セー(教会)

市長/ブルーノ・コーバス(2018年4月6日就任)
1969年10月27日/姉妹都市提携
人口1,109万人
面積:1,530平方キロメートル


プラッサ・ダ・セー(教会)

サンパウロ市の概要 参考:サンパウロ市のホームページへ別ウィンドウで開く(ポルトガル語)

1554年にイエズス会の神父たちが布教のために定住したのがこの都市の起源。最初にミサをあげた1月25日が聖パウロの改心記念日であったので「サンパウロ」と名付けられた。標高800メートルの高原都市で、コーヒーの集散地であるほか、自動車、繊維等あらゆる工業が盛んな南米最大の都市。 日系人も多く各分野で活躍している。

主な交流内容

  • 両市代表団の相互訪問
  • 大阪市立大学とサンパウロ大学の大学間交流
  • 姉妹校交流
  • スポーツ交流

ほか

主な交流史

  • リオの地球サミット関連の「エコ・ブラジル’92」(於サンパウロ)に出展、本市代表団を派遣(1992年)
  • 日本ブラジル修好100周年記念「大阪ブラジル音楽祭」開催(1995年)
  • 30周年記念事業として、ジュニアユースサッカー大会やポルトガル語スピーチコンテストを開催(1999年)
  • 30周年を記念して、イビラプエラ公園に桜の木100本を植樹(2000年)
  • スプリシ市長が来阪、両市長による交流促進を目的とした共同声明を発表(2002年)
  • サンパウロで開催された世界都市会議「ウルビス」に大阪市が出展(2002、2004年)
  • 35周年記念事業として、チャリティコンサートやジュニアユースサッカー大会を開催(2004年)
  • 40周年を記念し、サンパウロ市長が来阪、大阪市も代表団を派遣(2009年)
  • 45周年を記念し、大阪市代表団がサンパウロ市を訪問、セミナー開催、行政課題について意見交換等(2014年)

直近の動き(平成28年度)

サンパウロ派遣生表敬(2017年2月)

2月15日、2016年9月にサンパウロで開催された第37回日本語スピーチコンテスト・第10回弁論大会で優秀な成績を修め、大阪・サンパウロ姉妹都市協会の招聘で来阪された安楽香織カチア氏が大阪市役所を表敬訪問しました。

直近の動き(平成27年度)

サンパウロ派遣生表敬(2016年3月)

3月16日、2015年9月にサンパウロで開催された第36回日本語スピーチコンテスト・第9回弁論大会で優秀な成績を修め、大阪・サンパウロ姉妹都市協会の招聘で来阪された大貫 純氏が大阪市役所を表敬訪問しました。

サンパウロ市との姉妹都市提携特別展の開催(2015年10月)

大阪市とサンパウロ市の姉妹都市提携の締結日である10月27日から1週間、大阪市役所の市民ロビーにおいて、サンパウロ市政府から頂いた記念品や各種パネルなどを展示し、大阪市とサンパウロ市の交流の歴史について、市民の皆様に知っていただく機会となりました。
サンパウロ市展示の様子
別ウィンドウで開く

サンパウロFAAP大学表敬訪問(2015年10月)

10月16日、大阪・サンパウロ姉妹都市協会を通じて交流があるFAAP大学からヘリオ教授と学生が来阪して大阪市役所を表敬訪問され、姉妹都市である大阪・サンパウロの交流事業について意見交換を行いました。

直近の動き(平成26年度)

サンパウロ派遣生表敬(2015年3月)

3月10日、2014年9月にサンパウロで開催された第35回日本語スピーチコンテスト・第8回弁論大会で優秀な成績を修め、大阪・サンパウロ姉妹都市協会の招聘で来阪された奥泉イゼベラみどり氏が大阪市役所を表敬訪問しました。

大阪・サンパウロ姉妹都市提携45周年記念セミナー(2015年2月)

2月7日、サンパウロとの姉妹都市提携45周年を記念して、セミナー「Discover San Paulo」を開催しました。関西外国語大学 桜井悌司教授(大阪・サンパウロ姉妹都市協会理事、元ジェトロ・サンパウロ事務所長)を講師にお招きし、姉妹都市交流の担い手であるブラジル日系人のルーツやその活躍、サンパウロの人々の生活、経済、ビジネス環境等についてご講演いただきました。また、あわせて、本年8月にサンパウロを訪問した大阪市代表団の活動報告も行いました。参加者からは、「今まで知らなかったブラジルの話や、海外で活躍する日系人の話が聞けてよかった」、「ブラジルに行ってみたくなった」との声が聞かれました。

大阪・サンパウロ姉妹都市提携45周年記念事業 大阪市代表団のサンパウロ市訪問(2014年8月)

8月23日から29日までの7日間、サンパウロとの姉妹都市提携45周年を記念して、田中副市長が大阪市会代表団とともにサンパウロ市を訪問し、サンパウロ市が直面している行政課題(都市計画、廃棄物処理技術を含む環境施策)について大阪市の優れた事例をセミナーの開催等を通じて紹介するとともに、様々な記念事業に参加し、両都市間の更なる交流の促進や関係強化を図りました。

大阪・サンパウロ姉妹都市提携45周年記念事業 大阪市代表団のサンパウロ市訪問について(報告)

 

サンパウロ市会議員 表敬 意見交換(2014年5月)

5月16日、サンパウロ市議会ジョゼ・ポリセ・ネト前議長(現議員)が、同市が取組む都市計画の参考とするため、行政視察に本市を訪れ、木下市会議長を表敬訪問されたほか、田中副市長、井上経済戦略局長と大阪駅周辺の開発等について意見交換を行いました。

直近の動き(平成25年度)

サンパウロ派遣生表敬(2014年2月)

2月27日、2013年9月にサンパウロで開催された第34回日本語スピーチコンテスト・第7回弁論大会で優秀な成績を修め、大阪・サンパウロ姉妹都市協会の招聘で来阪されたエルトン・ヒロトモ・ノダ氏が大阪市役所を表敬訪問しました。

直近の動き(平成24年度)

サンパウロ派遣生表敬(2013年1月)

1月1日、2012年9月にサンパウロで開催された第33回日本語スピーチコンテスト・第6回弁論大会・スピーチコンテストで優秀な成績を修め、大阪・サンパウロ姉妹都市協会の招聘で来阪されたエルトン・ミノル・ホンダ氏が大阪市役所を表敬訪問しました。

サンパウロFAAP大学表敬訪問(2012年10月)

10月15日、大阪・サンパウロ姉妹都市協会を通じて交流があるFAAP大学からヘリオ教授が来阪して大阪市役所を表敬訪問され、姉妹都市提携45周年記念事業など、姉妹都市である大阪・サンパウロの交流事業について意見交換を行いました。

サンパウロEXPO招致委員会事務総長 表敬(2012年8月) 

8月8日、サンパウロEXPO招致委員会事務総長のカルロス・ケンジ・フクハラ氏が、サンパウロツーリズム社長兼サンパウロ市広報・報道担当のマルセロ・レーデル氏、国際交流担当のルイズ・トレド氏と大阪市役所を訪問し、西宇政策企画室理事と懇談しました。フクハラ氏は、2009年にもカサビ市長に市の担当者として随行されました。サンパウロ市は2020世界博覧会の開催地として立候補しており、今回は万博記念公園と愛知万博協会を視察され「大変参考になった」と意欲を示されました。また、サンパウロはニューヨーク、ミラノと相互に観光プロモーションに取組んでおり、大阪とも観光交流ができたらうれしいと話されました。西宇理事は、「2014年にFIFAワールドカップ、2016年にオリンピックの開催が決まっているブラジルで、2020年世界博覧会の開催が決まればまさにブラジルの世紀になる。子どもたちにとっても生涯忘れえぬ思い出になる世界博覧会がサンパウロで開催されることを姉妹都市として心から応援している」と挨拶しました。

その他

大阪・サンパウロ姉妹都市協会

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市 経済戦略局立地交流推進部国際担当都市間交流担当

住所:〒559-0034 大阪市住之江区南港北2‐1‐10  ATCビル ITM棟 4階 M-4

電話:06-6615-3757

ファックス:06‐6615-7433

メール送信フォーム