ページの先頭です

不当な取引行為は禁止

2017年1月18日

ページ番号:2424

  大阪市では、一部の悪質な事業者から消費者を守るため、 大阪市消費者保護条例により不当な取引行為を禁止しています。
 不当な取引行為とは 大きく次の4つに分類しています。

 

(1) 消費者の知識、能力若しくは経験の不足に乗じる等の不当な方法により、 契約の締結を勧誘し、又は契約を締結させる行為。

(例)

ウソをつく

●アンケートのふりをして近づく。
●ウソをついたり、不利なことをわざと言わなかったりする。
●他社よりも優良と勘違いさせる。
●官公署の職員や大手企業の社員のふりをする。
●早朝、深夜など迷惑な時間帯にしつこく契約を迫りにくる。

(2) 消費者に著しい不利益を与える不当な内容の契約を締結させる行為。

(例)
不当な契約行為

●高額な違約金を請求する。
●とんでもない量を売りつける。
●「一切責任を負わない」などの契約条項を一方的に押しつける。

(3) 消費者に対し、契約(契約の成立又はその内容について当事者間で争いあるものを含む。)に基づく債務の履行を不当に強要する行為。

(例)

深夜に代金を請求する

●架空の請求書を送りつけ、指定の銀行口座に入金するよう強制する。
●消費者金融に無理に連れて行く。
●早朝、深夜など迷惑な時間帯に代金を請求する。

(4) 契約若しくは契約の解除権等の行使に伴う債務の履行を不当に遅延若しくは拒否し、又は消費者の正当な契約の解除権の行使を不当に妨げる行為。

(例)

クーリングオフを拒否する

●商品を引き渡さない。
●クーリング・オフを拒否する。
●解約を拒否する。
●解約したのに返金しない。

不当な取引行為を行っている業者には

  不当な取引行為をやめるように指導または勧告し、勧告に従わない事業者から意見聴取し、勧告に従わず、意見聴取での弁明理由が妥当でない場合は事業者名や扱っている商品名・サービス (役務) 名などを公表します。
公表します

被害の拡大を防ぐため

  消費者センターで受けた苦情のうち、多くの人が同じ被害を受けていて、さらに被害者が増えそうなものについては、事業者名や扱っている商品名・サービス(役務)名などを情報提供します。
情報提供します

※大阪市では、さらに詳しく48項目(PDF下記参照)の禁止事項を不当な取引行為として指定しています。
消費者保護条例に関するお問い合わせは大阪市消費者センターまで

ダウンロードファイル

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルの閲覧には Adobe Acrobat Reader DC が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。