ページの先頭です
メニューの終端です。

深江と鋳物(ふかえといもの)

2020年10月8日

ページ番号:300

往古、深江に移り住んだ笠縫氏(かさぬいし)の祖先は、代々、皇祖の御神鏡を守護したと伝えられています。深江稲荷神社に天津麻羅大神(あまつまらおおかみ)という鋳物氏(いもじ)の守り神がまつられていることからも分かるように、深江は古くから鋳物とかかわりが深い土地であったと思われます。

今も深江稲荷神社では毎年11月に火焚き祭(ふいご祭)が行われています。

茶釜の鋳込みの写真です。

茶釜の鋳込み

和銑 霰馬ノ図繰口釜の写真です。

和銑 霰馬ノ図繰口釜

≪戻る    次へ≫

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市東成区役所 総務課広聴・広報

〒537-8501 大阪市東成区大今里西2丁目8番4号(東成区役所3階)

電話:06-6977-9683

ファックス:06-6972-2732

メール送信フォーム