ページの先頭です
メニューの終端です。

笠縫邑跡(かさぬいむらあと)

2018年9月13日

ページ番号:322

笠縫邑跡(かさぬいむらあと)の碑の写真です。

笠縫邑跡(かさぬいむらあと)の碑(場所:東成区深江南3丁目16番17号)

「大阪はなれてはや玉造、笠を買うなら深江が名所」と伊勢音頭の一節にあるように、深江は菅笠の産地として有名です。本居宣長の「玉勝間」の中に「笠縫島は今摂津国東生郡(現東成区)の深江村といえる所なるべし」とも書かれています。

昔はこの附近一帯は“笠縫島”と呼ばれ、笠を縫うことを職業とした笠縫氏の一族が、大和の笠縫邑から良質の菅(すげ)の生い繁った深江の地に集団移住したと伝えられ、その歴史は2000年程になります。

古くは全戸が笠造りに従事し、明治初年には外国へも輸出され、歴代天皇の御即位式や、伊勢神宮の20年一度の式年遷宮に用いられる儀式用の大きな菅笠は、代々この地から調達されました。江戸時代中期頃から、伊勢参りが盛んとなり、一般道中用の菅笠が世に知られ、現在深江稲荷神社内が「笠縫邑跡」として大阪府史跡に指定されています。

昭和28年第59回伊勢神宮式年遷宮の際、奉納された大菅笠の写真
別ウィンドウで開く

昭和28年第59回伊勢神宮式年遷宮の際に奉納された大菅笠

昭和28年第59回伊勢神宮式年遷宮に奉納される大菅笠を縫う作業の写真
別ウィンドウで開く

奉納される大菅笠を縫う縫い手達(大笠を縫う作業には「正装」が求められた)

≪戻る    次へ≫

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市東成区役所 総務課広聴・広報

〒537-8501 大阪市東成区大今里西2丁目8番4号(東成区役所3階)

電話:06-6977-9683

ファックス:06-6972-2732

メール送信フォーム