ページの先頭です
メニューの終端です。

毎月22日は「禁煙の日」です!

2020年2月20日

ページ番号:494815


毎月22日は禁煙の日です。
「禁煙の日」は禁煙推進ネットワークが制定したもので、シンボルマークは2羽の寄り添う白鳥(スワン)です。喫煙者とそのパートナーがともに寄り添いながら、禁煙に取り組む姿を表しています。

2が5つ並んだ平成22年2月22日を皮切りに、毎月22日を「禁煙の日」と定め、「スワンスワン(吸わん吸わん)で禁煙を!」をスローガンに、喫煙の害や禁煙に関する知識の普及・啓発、受動喫煙防止などに取り組んでいます。

令和2年2月22日は、「禁煙の日」が制定されて10年になります。また制定された日と同じく2が並んでいる日です。この機会に「禁煙」について考えてみましょう。

知ってますか?たばこの害

たばこの煙には、約5,300種類もの化学物質、約70種類の発がん物質が含まれています。

三大有害物質として・・・

  • 一酸化炭素(体の酸素不足を引き起こします)
  • ニコチン(依存性があり、血液の流れを悪くします)
  • タール(発がん物質を含んでいます)

が、あります。

注)加熱式たばこは、たばこ葉を燃焼せずに、ニコチンを含むエアロゾルを生成し、ニコチンを染み出させて吸うものです。たばこ葉を含むすべてのたばこ製品は有害で、加熱式たばこも決して無害なたばこではありません。

日本人が命を落とす最大の原因はたばこ!

喫煙が原因で、年間推計で日本人の約13万人が死亡しています。

がん全体の4割に関連しており、特に肺がん、喉頭がんは約7割の罹患に関連しているといわれています。

まわりの人の喫煙でも影響を受けます。

たばこを吸っている人の煙を、周りの人が吸い込むことを「受動喫煙」といいます。

たばこの煙は、喫煙者本人が吸い込む「主流煙」よりも、たばこの先から立ち上る「副流煙」に

有害物質が多く含まれます。

次のような対応では「たばこの害」は防げません!

  • 換気扇の下で吸う
  • 空気清浄機を使用する
  • 車の窓を開けて吸う
  • ベランダで吸う
    家の外でたばこを吸っても吐く息には有害物質が含まれています。

さぁ、禁煙をはじめましょう!

たばこをやめられないのは意思が弱いからではなく、たばこに依存性があるからです。

失敗してもあきらめないで、チャレンジしてみましょう!

~禁煙チャレンジのポイント~

  • 「たばこをやめる」と宣言する。
  • 本数を減らす、軽くする、加熱式たばこへ変更するのではなく、きっぱりやめる。
  • たばこ関連グッズを捨てる。
  • 吸いたくなったら「代わりの行動」。
  • たばこの煙を吸わなくてすむ外出先を選ぶ。
  • 禁煙できた自分をほめる。

なくそう!望まない受動喫煙~マナーからルールへ~

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市西区役所 保健福祉課保健活動グループ

〒550-8501 大阪市西区新町4丁目5番14号(西区役所3階)

電話:06-6532-9968

ファックス:06-6532-6246

メール送信フォーム