ページの先頭です

沿革・出張所紹介

2019年4月1日

ページ番号:270423

福島消防署の沿革

昭和19年4月1日特設消防署として此花消防署から分離独立

昭和38年3月20日福島消防署開署(福島区吉野3丁目17番26号)

平成8年5月8日上福島出張所改築(下福島出張所は上福島出張所改築に伴い廃止)

平成9年12月2日海老江出張所増改築

平成27年12月18日福島区吉野3丁目17番22号に移転

新庁舎として鉄骨鉄筋コンクリート造、地上7階建(最高高さ28.60メートル)で業務を開始

また、署庭内に、鉄筋コンクリート造、地上3階建(最高高さ9.5メートル)の火災を想定した訓練棟を併設

6階においては、非常用発電設備ディーゼル機関(長時間型)300KVA(72時間対応)を設置

現在は、本署と出張所2か所(上福島出張所、海老江出張所)があり、安全で災害に強いまちづくりの充実に取り組んでいます。




福島消防署の出張所紹介

上福島出張所

上福島出張所の写真

  ■上福島出張所
 〒553-0003
 大阪市福島区福島4-5-32
 電話 06-6441-0119
 FAX 06-6441-0119

中型タンク車(MT100)

中型タンク車の写真

中型タンク車(MT100)

危険物対策用の放水砲を積載する泡編成隊の中型ポンプ車を更新したもので、高速道路上の車両火災にも消火対応できる水槽を搭載した車両である。
なお、大阪府下で1台だけの車両で1200Lのタンク水を積載しています。

中型タンク車の写真

中型タンク車(MT100)

消防ポンプは2,000L/min以上の放水能力を有しています。

小型タンク車(ST256)

小型タンク車の写真

小型タンク車(ST256)

水を800リットル積載した消防車で、いち早く消火作業が行えます。又、小型な車両の為、狭隘な場所にも進入可能です。

小型タンク車の写真

(ST256)

救助器材車(RE19)

救助器材車の写真

救助器材車(RE19)

水難救助の為のボート搬送や化学災害時の除染シャワー(デパス)搬送など、救助器材を搬送する車両です。

救助器材車の写真

RE19

海老江出張所

海老江出張所の写真

■海老江出張所
〒553-0001
大阪市福島区海老江6-2-27
電話 06-6458-0119
FAX 06-6458-0119

小型タンク車

小型タンク車の写真

小型タンク車(ST167)

800リットルの水を積載した消防車両で、いち早く消火作業が行えます。又、小型な為に、狭隘な場所にも進入できます。

小型タンク車の写真

海老江ST167

高規格救急車

高規格救急車の写真

高規格救急車(A367)

救急救命士が常に乗車しており、高度な救命処置を行いながら、けが人や急病人を病院に搬送する車両です。

高規格救急車の写真

海老江A367

福島消防署トップページへは⇒ここをクリック

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市消防局 福島消防署

〒553-0006 大阪市福島区吉野3丁目17番22号

電話:06-6465-0119

ファックス:06-6465-6311

メール送信フォーム