ページの先頭です

決算の概要(平成19年度)

2016年12月5日

ページ番号:17008

水道事業・工業用水道事業 平成19年度決算の概要

 平成19年度大阪市水道事業・工業用水道事業会計決算が大阪市会で認定されました。
 水道事業では、6年連続の黒字(約73億円)となり、累積黒字額は前年度に比べ増加しました。
 また、工業用水道事業では、13年ぶりに黒字(約2億円)に転じたことにより、累積赤字額は前年度に比べ減少しました。

1.水道事業会計

平成19年度水道事業会計決算概要

(1)経営(収益的)収支

水道事業会計の経営(収益的)収支
(単位:百万円)
19年度決算18年度決算増減伸び率(%)
収益73,85476,339△2,485△3.3
 給水収益69,09869,746△648△0.9
 受託工事収益528786△258△32.9
 国庫補助金079△79著減
 一般会計補助金01,384△1,384皆減
 その他3,2873,208792.5
 特別利益9411,136△195△17.2
費用66,52168,051△1,530△2.2
 人件費18,03019,448△1,418△7.3
 物件費21,70021,2594412.1
 資本費25,00625,640△634△2.5
 その他経費1,7851,704814.7
収支差引7,3338,288△955
(経常収支)(6,392)(7,152)(△760)

 収益は、738億5,400万円で、前年度(763億3,900万円)に比べ3.3%減少しました。
 これは、その大部分を占める給水収益は、家庭用などの少量使用者による需要の増はあるものの、それを上回る多量使用者の需要が減少したことから、前年度(697億4,600万円)に比べ0.9%減の690億9,800万円と減少したことや、水資源開発経費等に係る一般会計からの補助金の休止したことによるものです。

 費用は、665億2,100万円で、前年度(680億5,100万円)に比べ2.2%減少しました。
 これは、毎月点検・毎月徴収の実施やお客さまセンターの開設にかかるシステム開発などの物件費の増加があったものの、人員の減等による人件費の減少や支払利息の減少などによるものです。

 この結果、収支差引は73億3,300万円の純利益となり、前年度(82億8,800万円の純利益)と比べ、9億5,500万円の収支悪化となりました。
 また、特別損益を除いた経常収支では、63億9,200万円の経常利益となり、前年度(71億5,200万円)と比べ7億6,000万円の収支悪化となりました。

 なお、前年度からの繰越利益剰余金が84億8,600万円でありましたので、平成19年度末の未処分利益剰余金は158億1,800万円となりました。
 この剰余金処分としましては、施設の更新・整備のため借り入れた企業債の未償還残高が2,536億3,200万円となり、償還金が増加しているため、その財源となる減債積立金に61億円を積み立て処分するほか、建設改良積立金に12億円を積み立て処分し、財務体質の強化を図りました。

(2)資本的収支

水道事業会計の資本的収支
(単位:百万円)
19年度決算
資本的収入8,737
 企業債7,798
 国庫補助金238
 固定資産売却代金2
 その他699
資本的支出40,177
 建設改良費11,657
 償還金28,468
 その他52
収支差引△31,440
補てん財源31,440
 減債積立金7,200
 建設改良積立金275
 損益勘定留保資金等23,965
差引0

 資本的収入については、87億3,700万円で、これは、建設改良費に充当するため借り入れた企業債及び緊急時の配水系統相互連絡管整備に係る国庫補助金などです。

 資本的支出については、401億7,700万円で、これは、浄・配水施設の整備等の建設改良費及び企業債等の償還金などです。なお、公的資金補償金免除繰上償還を活用し、102億7,500万円の繰上償還を行いました。

 この結果、収支差引で不足となる314億4,000万円は、減債積立金、建設改良積立金及び損益勘定留保資金等で全額補てんしました。

水道事業 企業債残高及び自己資本構成比率の推移

(3)主要事業

  • 施設整備事業の計画的推進
  1. 浄水施設整備事業
     27億4,700万円

     全体計画:平成19年度~平成28年度(10か年計画)
     総事業費(当初計画):560億円
     平成19年度末累積事業費:25億3,300万円 〔当初計画比 5%〕
     平成19年度事業:柴島浄水場管理設備(配水管理)改良,柴島1・2号取水塔改良 など
  2. 配水管整備事業
     96億400万円(62km)

     全体計画:平成19年度~平成28年度(10か年計画)
     総事業費(当初計画):1,155億円(事業量668km)
     平成19年度末累積事業費及び事業量:78億9,800万円(事業量52km)〔当初計画比 7%(事業量 8%)〕
     平成19年度事業:経年管路の戦略更新 など
  3. 給水装置整備事業
     54億4,800万円(49km)

     全体計画:平成19年度~平成25年度(7か年計画)
     総事業費(当初計画):405億円(事業量369km)
     平成19年度末累積事業費及び事業量:54億4,800万円(事業量49km)〔当初計画比 13%(事業量13%)〕
     平成19年度事業:鉛給水管取替 など

2.工業用水道事業会計

平成19年度工業用水道会計決算概要

(1)経営(収益的)収支

工業用水道事業会計の経営(収益的)収支
(単位:百万円)
19年度決算18年度決算増減伸び率(%)
収益2,0772,293△216△9.4
 給水収益2,0122,017△5△0.2
 受託工事収益29238△209△87.6
 その他3638△2△4.5
費用1,8522,414△562△23.3
 人件費321509△188△36.8
 物件費6561,038△382△36.8
 資本費728680487.1
 その他経費147187△40△21.7
収支差引225△121346
(経常収支)(225)(△121)(346)

 収益は、20億7,700万円で、前年度(22億9,300万円)に比べ9.4%減少しました。
 これは、給水収益が前年度(20億1,700万円)に比べ0.2%減の20億1,200万円となったことや、受託工事収益が減少したことなどによるものです。

 費用は、18億5,200万円で、前年度(24億1,400万円)に比べ23.3%減少しました。
 これは、減価償却費が増加したものの、効率化による人員の減等に伴う人件費の減少や、受託工事及び浄水場管理にかかる委託料の減少による物件費の減少などによるものです。

 この結果、収支差引は2億2,500万円の純利益となり、前年度(1億2,100万円の純損失)に比べ、3億4,600万円の収支改善となりました。

 なお、前年度からの繰越欠損金が25億4,700万円であるので、平成19年度末の未処理欠損金は23億2,200万円です。

(2)資本的収支

工業用水道事業会計の資本的収支
(単位:百万円)
19年度決算
資本的収入4
 企業債0
 国庫補助金3
 その他1
資本的支出605
 建設改良費266
 償還金339
 その他0
収支差引△601
補てん財源601
 減債積立金0
 損益勘定留保資金等601
差引0

 資本的収入については、400万円で、これは、建設改良費のうち、工業用水道改築事業に係る国庫補助金などです。なお、企業債については資金状況を鑑み、新規発行を停止しました。

 資本的支出については、6億500万円で、これは、工業用水道改築事業などの建設改良費並びに企業債の償還金です。なお、公的資金補償金免除繰上償還を活用し、5,000万円の繰上償還を行いました。

 この結果、収支差引で不足となる6億100万円は、損益勘定留保資金等で全額補てんしました。

工業用水道事業 企業債残高及び自己資本構成比率の推移

(3)主要事業

工業用水道改築事業
 2,800万円(事業量0.16km)

 全体計画:平成12年度~平成21年度(10か年計画)
 総事業費:32億9,500万円(事業量9.91km)
 平成19年度末進捗状況:24億2,400万円(事業量9.29km)〔進捗率 74%(事業量 94%)〕
 平成19年度事業:経年管路の更新整備

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

このページの作成者・問合せ先

大阪市水道局総務部経理課

〒559-8558 大阪市住之江区南港北2丁目1番10号 ATCビル ITM棟9階

電話:06-6616-5450

ファックス:06-6616-5459

メール送信フォーム