ページの先頭です
メニューの終端です。

淀川漢字名人育成計画

2019年7月19日

ページ番号:429286

「淀川漢字名人育成計画」とは~事業の概要~

 淀川区では、区内小中学校と連携し、「淀川区学力向上支援事業」(愛称「淀川漢字名人育成計画」)を実施しています。

 子どもたちの自尊心の向上、自学自習の習慣づけに役立つことをねらい、目標に向かって積極的に取組む姿勢を、全面的に応援していきます。

 具体的には、区内小中学校に通う児童・生徒の日本漢字能力検定(以下「漢字検定」)受検料を淀川区が負担することで、区を挙げて小中一貫で学力向上を支援します。各小中学校は、それぞれ漢字検定の受検を取り入れた学習計画を策定し、実施します。

 なお、対象学年は、小学校では5年生、中学校ではいずれか1学年とし、受検時期・級は、各小中学校がそれぞれ企画します。

事業開始の経緯

 平成27年度に分権型教育行政の本格的な開始とともに設立された「淀川区教育行政連絡会」(区内小中学校長と区長との会議の場)や「淀川区子ども教育会議」(保護者・地域の方、有識者等と区長との会議の場)の会議等において、学力向上のための効果的な方策を検討してきました。

 そこで、区内中学校から、「学力の基礎となる国語力の底上げに役立つ取組みを!」という切実な要望を受け事業化されたのが、この「淀川漢字名人育成計画」です。

 中学校長からの要望を受け、平成30年度は区内6中学校のいずれか1学年での実施(982名)と、区役所を受検会場として区内中学生から希望者を募り、一斉受検を実施(255名)しました。

 さらに令和元年度からは、小学校長からの要望も受け、対象を小学5年生にも拡大し、実施しています。

 淀川区は、漢字検定受検をきっかけに小中一貫した学力向上をめざします。

平成30年度『特別賞』受賞

 淀川区役所と区内中学校で取り組んだ「淀川漢字名人育成計画」が評価され、平成31年3月29日に公益財団法人日本漢字能力検定協会の団体の部『特別賞』を受賞しました。受賞の様子を淀川区広報誌「よどマガ!」(令和元年7月号の15面)に掲載しています。



2019年新春に誓う!“私の漢字”

 淀川区内の中学生を招いて「2019年“私の漢字”」と題し、書き初め大会を催しました。

 新年への決意や将来の夢など、漢字一文字にそれぞれの思いを込め、書き上げてくれました。

 渾身の書は、淀川区広報誌「よどマガ!」(平成31年1月号の1~3面)で紹介しています。


平成31年1月号表紙

「よどマガ!」で漢字クイズを掲載しました!

 平成30年4月号から平成31年3月号まで、毎号15面に漢字クイズを掲載(解答は翌月号の16面欄外)しました。

 初めてご覧いただく方は、是非挑戦してみてくださいね!

 淀川区広報誌「よどマガ!」はこちら

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

淀川区役所 市民協働課
電話: 06-6308-9415 ファックス: 06-6885-0535
住所: 〒532-8501 大阪市淀川区十三東2丁目3番3号(淀川区役所4階)

このページへの別ルート

表示