ページの先頭です

昭和橋(しょうわばし)

2016年12月26日

ページ番号:22293

諸元・アクセス

昭和橋写真

橋長:82.8m
幅員:25.5m
形式:アーチ橋(タイドアーチ)
完成:昭和7年
行政区:西区
河川名:木津川
アクセス:大阪市営地下鉄千日前線・中央線 
      阿波座駅 10番出口 
      およそ450m 徒歩7分

歴史・文化

  木津川の分流点に昭和橋が架けられたのは昭和7年のことである。この路線は計画道路梅田九条線(土佐堀通)に当たっており、市電路線でもあった。主橋部には支間長69mのタイドアーチが適用されたが、橋が土佐堀通りから川口へ斜めに渡るため、67度近い斜橋となっているため斜めになったアーチ橋という大変設計の難しい構造となっている。

  大きな橋体の重量を支える基礎には、軟弱地盤であることを考慮に入れ、長さ22~25mの木杭が、両側で千本以上も打ち込まれている。

  宮本輝氏の『泥の河』は、この橋の描写から物語が始まっている。

 

橋名一覧 広域地図 市街地図 橋のお知らせ 橋のメニュー

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市 建設局道路部橋梁課

住所:〒559-0034 大阪市住之江区南港北2丁目1番10号 ATCビルITM棟6階

電話:06‐6615‐6818

ファックス:06-6615‐6582

メール送信フォーム