ページの先頭です
メニューの終端です。

野生動物(ハト・カラス等)への エサやりについて

2023年7月21日

ページ番号:537716

野生のハトやカラスにエサを与えることで、特定の生き物が増えるなど、自然の生態系のバランスがくずれます。
むやみにエサを与えることは、生き物のためになりません。

エサを与えつづけると・・・

  • 数が増える・・・繁殖をくりかえし、特定の生き物の数がどんどん増えてしまいます。
  • 生き物の習性が変わる・・・人のエサやりに依存し、野生の生き物本来の習性が変わります。
  • 自然の生態系でなくなる・・・元々そこにいた生き物が食べられたり、すみかを奪われたり、本来の生態系に影響を与えます。
  • 被害を与え嫌われる・・・フンや鳴き声などにより、周辺地域の生活環境の被害だけでなく、人の健康に被害を与えることもあります。

皆さんにお願い!

野生の生き物にむやみにエサを与えることによって、近隣に迷惑をかけることがあります。

野生の生き物は、自然の中で自然のまま楽しみましょう。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • Xでポストする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

【アンケート】このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. こちらはアンケートのため、ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声へお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市福島区役所 保健福祉課(保健福祉センター)運営グループ

〒553-8501 大阪市福島区大開1丁目8番1号 2階

電話:06-6464-9882

ファックス:06-6462-4854

メール送信フォーム