ページの先頭です
メニューの終端です。

私たちのSDGs~05司法書士事務所ともえみ

2020年6月1日

ページ番号:504038

SDGsロゴ

地球規模の環境問題や社会課題の解決も、まずは一人ひとりの小さな実践の積み重ねから。毎月、区内の様々な活動をお伝えします。

高齢者に法務サービス みんなの笑顔めざして

 司法書士とは、会社の設立、不動産の売買など様々な法務手続きをサポートする専門家です。国家試験の合格率は3~4%という難関で、女性は全体の2割程度です。

 「司法書士事務所ともえみ」はスタッフ10人全員が女性。大阪市の「女性活躍リーディングカンパニー」認証も受けています。ところが代表の山口良里子(よりこ)さんは「たまたま女性が集まりましたが、女性のための職場づくりをしようなどと意識したことはありません。お客様のニーズに応えるために、スタッフが能力を発揮できる職場環境をめざしただけなんです」。

 高齢者向けの法務サービスに特化しているのが「ともえみ」の特徴。一人暮らしの高齢者は圧倒的に女性が多いこともあり、「司法書士さんは女性の方が相談しやすい」という要望が多いそうです。「女性が必要とされる分野に力を注ぐことが私たちらしい働き方かな、と思いました」と山口さん。

 「いくつになっても自分らしく、健康で幸せに暮らすためのサポート」を掲げ、法務手続き以外にも「終活」全般に対応できる体制をつくり、活動しています。

 事務所は「働き方改革」に先んじて残業なし。家庭の事情などで休むスタッフが出ても即座にカバーできるよう、情報の共有を徹底しています。結果的に「女性が働き続けやすい職場環境」になりました。

 「ともえみ」の「とも」は、「巴(三つ巴)」の「とも」、顧客・社会・事務所で働くスタッフの三方が尊重し合い、寄り添う姿のイメージ。そして「えみ」は笑顔。性別も年齢も関係なく、みんなが笑顔になれる法務サービスを提供、明るい社会づくりにつなげることがモットーです。

代表の山口良里子さんの写真

代表の山口良里子さん

司法書士事務所ともえみの写真

司法書士事務所ともえみ

SDGsゴール5:ジェンダー平等を実現しよう

ゴール5のアイコン

ジェンダー平等を達成し、すべての女性及び女児の能力強化を行う

SDGsチャレンジ

ジェンダー(社会的につくられた性)にとらわれず、やりたいことに挑戦しよう

SDGsとは

国連サミットで採択された17の「持続可能な開発目標」

SDGs関連情報

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市北区役所 政策推進課広聴広報・企画調整担当

〒530-8401 大阪市北区扇町2丁目1番27号(北区役所4階42番窓口)

電話:06-6313-9683

ファックス:06-6362-3821

メール送信フォーム