ページの先頭です
メニューの終端です。

私たちのSDGs~13 認定NPO法人おてらおやつクラブ

2021年3月1日

ページ番号:529001

SDGsロゴ

地球規模の環境問題や社会課題の解決も、まずは一人ひとりの小さな実践の積み重ねから。毎月、区内の様々な活動をお伝えします。

お供えを「おすそわけ」 子どもたちを笑顔に

 「おてらおやつクラブ」は、子どもの貧困問題の解決をめざし、お寺へお供えされるお菓子などを、仏様からの「おさがり」として、様々な事情で困っているひとり親家庭へ「おすそわけ」する活動です。

 2013年に北区のマンションで、シングルマザーとその子どもが餓死状態で発見されるという事件が起きました。胸を痛めた奈良県・安養寺の松島靖朗住職が2014年に1人で「おてらおやつクラブ」を開始。共感が広がって現在は全国1,576寺院が参加、2020年11月には認定NPO法人となりました。

 北区では野崎町の蟠龍寺(ばんりゅうじ)が2015年から参加しています。活動を知った檀家さんからのお供えが増え、お寺で開催している「サラナ親子教室」に通うお母さんたちや企業からの寄付も集まるようになりました。新型コロナウイルスの感染が拡大すると、マスクや消毒液の寄付も。物資は事務局に紹介された子どもを支援する団体に送り、そこから各家庭に届けられる仕組みです。

 副住職の太田竜祐さんは「みなさんの思いやりや仏様の慈悲の心がこもったお菓子を子どもたちに送らせていただけることが本当に有難い」と話します。甘いもので子どもが笑顔に、応援する人々の存在を感じて家族が元気に、と願います。

 活動費は御朱印の冥加料やお賽銭でまかない、持続可能な支援をめざしています。

蟠龍寺副住職の太田竜祐さんの写真

蟠龍寺副住職の太田竜祐さん

蟠龍寺から子どもたちに送られるお供えの写真

詳細

認定NPO法人おてらおやつクラブのホームページ別ウィンドウで開くをご覧ください。

問合せ先

蟠龍寺(野崎町4-1) 

電話 06-6312-1578 ファックス 06-6312-4069

メール 別ウィンドウで開くbanryuji7676@gmail.com

SDGsゴール1:貧困をなくそう

ゴール1のアイコン

あらゆる場所あらゆる形態の貧困を終わらせよう

SDGsチャレンジ

「おすそわけ」の精神で寄付をしてみよう

SDGsとは

国連サミットで採択された17の「持続可能な開発目標」

SDGs関連情報

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市北区役所 政策推進課広聴広報・企画調整担当

〒530-8401 大阪市北区扇町2丁目1番27号(北区役所4階42番窓口)

電話:06-6313-9683

ファックス:06-6362-3821

メール送信フォーム