ページの先頭です
メニューの終端です。

私たちのSDGs~19 縁樹の糸(えんぎのいと)

2021年10月1日

ページ番号:545446

SDGsロゴ

地球規模の環境問題や社会課題の解決も、まずは一人ひとりの小さな実践の積み重ねから。毎月、区内の様々な活動をお伝えします。

樹木から生まれた糸を紡ぎ「森をまとう」暮らし提案

 さらりとした感触のストールやマスクは「樹木布」製です。木をナノ繊維に加工し天然繊維と紡いだ糸で織った布地は吸湿性、消臭性、速乾性に優れ、使えば使うほど味が出るのが特色。

 「縁樹の糸」代表の加藤貴章さんは、北区役所のすぐ近くに本社と店舗を構える、1953(昭和28)年創業の婦人服メーカーの3代目。「高校時代から30歳まで暮らした関東から大阪に戻って、関西の歴史の奥行きと、その礎である自然に改めて感動しました」と話します。その豊かさを自分たちなりに受け継ぎ、未来へ贈りたいと、「森をまとう」をテーマに、家業を生かして樹木布を開発、2018年にブランド「縁樹の糸」を立ち上げました。

 原料には高野山の御霊木や、岸和田のだんじりをつくる時に出た端材など、日本各地の伝統文化に縁のある樹木を使います。「木に宿った物語もまといたい」という思いからです。

 インテリア用の素材としてもリゾートホテルなどで活用されています。2019年にはウッドデザイン賞優秀賞を受賞しました。「婦人服のお客様は中高年女性が中心ですが、樹木布で男性や若い年代のお客様ともご縁ができました」

 「樹木布」や、樹木エッセンスのミストが「暮らしと自然をつなぎ、森へ足を運んでいただくきっかけになれば」と加藤さんは願います。高野山を訪ねるツアーも実施しています。店舗を「街の人が癒される森を感じるギャラリーサロンにしたい」という夢も抱いています。

 

代表の加藤貴章さんの写真

代表の加藤貴章さん

ストール、マスク、ハンカチ、ミストなどの写真

木からストール、マスク、ハンカチ、ミストなどが生まれた

問合せ先

縁樹の糸…山崎町5-8 

電話 06-6361-0240((株)シンサイカトー内、平日10時〜17時) 

縁樹の糸HP▶︎https://www.enginoito.com別ウィンドウで開く

SDGsゴール15:陸の豊かさも守ろう

ゴール15のアイコン

陸域生態系の保護、回復、持続可能な利用の推進、持続可能な森林の経営、砂漠化への対処ならびに土地の劣化の阻止・回復及び生物多様性の損失を阻止する

 

SDGsチャレンジ

身近な木の製品がどこから来た木材で作られているのか思いをはせてみよう

 

SDGsとは

国連サミットで採択された17の「持続可能な開発目標」

SDGs関連情報

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • Xでポストする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

【アンケート】このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. こちらはアンケートのため、ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声へお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市北区役所 政策推進課広聴広報・企画調整担当

〒530-8401 大阪市北区扇町2丁目1番27号(北区役所4階42番窓口)

電話:06-6313-9683

ファックス:06-6362-3821

メール送信フォーム