ページの先頭です
メニューの終端です。

私たちのSDGs~21 NPO法人JHD&C(ジャーダック)

2021年12月1日

ページ番号:549520

SDGsロゴ

地球規模の環境問題や社会課題の解決も、まずは一人ひとりの小さな実践の積み重ねから。毎月、区内の様々な活動をお伝えします。

髪の寄付受けウィッグに 悩む子どもに無償で提供

 JHD&C(ジャーダック)は、Japan Hair Donation & Charityの略称。医療用ウィッグのために自らの髪の毛を寄付するボランティア活動が「ヘアドネーション」です。ジャーダックは寄付毛を集めてウィッグを製作し、頭髪に悩みを持つ18歳以下の子どもに無償で提供しています。これまでに500を超えるウィッグを提供、待機中のレシピエント(ウィッグを受け取る子ども)が約300人います。

 代表の渡辺貴一さんは美容師。「仕事を活かして社会に恩返しを」と、2009年にこの活動を始めました。

 ウィッグ一つに約50人分の髪を使います。長さは最低31センチ必要で、伸ばすのにほぼ2年かかりますが、ドナー(髪を提供する人)は年間約10万人。2015年に俳優の柴咲コウさんが寄付、写真をSNSに上げてから急速に増えたそうです。夏休み期間は寄付の半数が子どもからです。株式会社アデランスなど企業の協力も広がり、賛同ヘアサロンも2,000を超えました。

 コロナ禍で一時は活動を停止しましたが、対面せずに郵送物でウィッグのサイズなどを決められる方式を開発、2020年秋から製作を再開しました。

 渡辺さんは20歳代の頃ニューヨークで修業、米国の豊かなチャリティ文化を知りました。「ボランティアが生活に根付き、支援する側とされる側が対等なんです」

 ヘアドネーションを入り口に、日本の社会にも成熟した助け合いの文化をみんなで育てたいと願っています。


代表の渡辺貴一さん


JHD&Cが提供する医療用ウィッグ

詳細

詳細はNPO法人JHD&Cのホームページ別ウィンドウで開くをご覧ください。

問い合わせ

NPO法人JHD&C(ジャーダック)

住所 〒530-0022浪花町13-38千代田ビル北館7A

問合せはホームページ別ウィンドウで開くから

SDGsゴール3:すべての人に健康と福祉を

ゴール3のアイコン

あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確保し、福祉を促進する

SDGsチャレンジ

今日できる「人に優しくする行動」を実践しよう

SDGsとは

国連サミットで採択された17の「持続可能な開発目標」

SDGs関連情報

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市北区役所 政策推進課広聴広報・企画調整担当

〒530-8401 大阪市北区扇町2丁目1番27号(北区役所4階42番窓口)

電話:06-6313-9683

ファックス:06-6362-3821

メール送信フォーム