ページの先頭です
メニューの終端です。

私たちのSDGs~24 ハイパー縁側

2022年3月31日

ページ番号:562845

SDGsロゴ

地球規模の環境問題や社会課題の解決も、まずは一人ひとりの小さな実践の積み重ねから。毎月、区内の様々な活動をお伝えします。

オフィスビルを地域に開き トークで中津の面白さ発信

 中津の古いまち並みの一角にある、1965年竣工のオフィスビル。道路に面したオープンスペースで開かれる入場無料のトークイベントが「ハイパー縁側」です。

 ビルを保有する総合建設会社・西田工業(株)が、ビルを地域に開く方針を打ち出して2019年にリニューアル。半地下の駐車場を改装して木製ベンチを階段状に並べ、誰でも利用できる空間を作りました。「ハイパー縁側」は、人々が気楽に立ち寄って交流できる場をめざして2019年12月にスタートしました。

 ゲストスピーカーは「まちのプレーヤー」。中津を中心に、まちづくり、アート、ビジネスなど、地域に根ざした活動をする様々な人を招いて語り合います。毎回、トークの聞き手を務める久米昌彦さんは、ビル3階でコワーキングスペース「Laugh Out Nakatsu」を運営する東邦レオ(株)の社員です。

 来場者はたいてい10人前後だそうです。「1度に100人集めるより、10人に10回来てもらえる場にしたい」と久米さん。その願い通り、繰り返し訪れる人が増え、差し入れに手料理持参の常連さんも。

 スピーカーはここに集う人の輪から次々に登場。天満橋、阿倍野、京都にも開催場所を広げ、2年3か月で計200回を超えました。「縁側」は、ビルとまちをつなぎ、人の縁をつなぐ場ともなっています。

 ビルにはクラフトビールの醸造所「中津ブルワリー」もあり、隔週土曜に仕込みや販売をしています。「ビル全体を、中津というまちの面白さをつくるコンテンツの一つにしたい」と久米さん。地域と企業を結んで新しい関係を育てています。

 「ハイパー縁側」の今後の開催日程や過去の記録はホームページをご覧ください。

 

久米昌彦さん

 久米昌彦さん

「ハイパー縁側」の模様

詳細

「ハイパー縁側」の今後の開催日程や過去の記録はホームページをご覧ください。

 ハイパー縁側ホームページ

https://hyper-engawa.com別ウィンドウで開く

 

SDGsゴール17:パートナーシップで目標を達成しよう

ゴール17のアイコン

持続可能な開発のための実施手段を強化し、グローバル・パートナーシップを活性化する

 

SDGsチャレンジ

まちを面白くするアイデアがあったら、まず話してみよう

SDGsとは

国連サミットで採択された17の「持続可能な開発目標」

SDGs関連情報

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市北区役所 政策推進課広聴広報・企画調整担当

〒530-8401 大阪市北区扇町2丁目1番27号(北区役所4階42番窓口)

電話:06-6313-9683

ファックス:06-6362-3821

メール送信フォーム