ページの先頭です
メニューの終端です。

私たちのSDGs~26 NPO法人 子どもセンターぬっく

2023年6月9日

ページ番号:567696

SDGsロゴ

地球規模の環境問題や社会課題の解決も、まずは一人ひとりの小さな実践の積み重ねから。毎月、区内の様々な活動をお伝えします。

子どもに緊急の居場所を提供 温かく寄り添って自立を支援

 虐待、育児放棄、貧困などで家庭に居場所がなくなった子どもが駆け込めるシェルター「ぬっくハウス」を2016年から運営しています。15歳から20歳前後の女子が対象で、個室が5室あり、スタッフが24時間常駐。弁護士、福祉の専門家、ボランティアなど様々な大人が力を合わせて子どもたちに温かく寄り添います。

 相談が来ると、まず弁護士が子どもに直接会ってじっくり話を聞きます。「ぬっくハウス」への入居は数日から2か月程度。スマホなどはスタッフに預け、心と体を休めることに専念してもらいます。

 シェルターを出た後の支援も必要と、2020年には自立援助ホーム「Re-Co」(りこ)を開設しました。学校やアルバイトに行きながら自立するための様々な力を養います。

 電話相談「居場所のない子ども110番」は男子もOKです。通話無料のフリーダイヤルなので公衆電話からでもゆっくり話せます。

 大阪府の児童虐待相談対応件数は全国最多クラス、高校中退率も高率です。運営委員で弁護士の丹羽有紀さんは「過酷な状況でも、前に向かって進もうとする子どものエネルギーはすごい。自立への長い道のりには大変なことも多いのですが、それに伴走させてもらえるのが喜びです」と話します。「子どもが自分の人生を生きていくことをできる限りサポートしたい。人生って悪くないな、と感じてもらえたら」

丹羽有紀さんの写真

運営委員の丹羽有紀さん

ぬっくハウスの個室の写真

詳細

詳細は「子どもセンターぬっく」のホームページをご覧ください。

http://www.nukku.info別ウィンドウで開く

SDGsゴール3:すべての人に健康と福祉を

ゴール3のアイコン

あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確保し、福祉を促進する

 

SDGsチャレンジ

周りにいる子どもに「あなたは独りじゃないよ」と伝えよう

SDGsとは

国連サミットで採択された17の「持続可能な開発目標」

SDGs関連情報

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • Xでポストする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声へお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市北区役所 政策推進課広聴広報・企画調整担当

〒530-8401 大阪市北区扇町2丁目1番27号(北区役所4階42番窓口)

電話:06-6313-9683

ファックス:06-6362-3821

メール送信フォーム