ページの先頭です

大阪市水道局課長代理等専決事項要綱

2019年4月10日

ページ番号:202012

(趣旨)

第1条 大阪市水道局部課長等専決規程(昭和41年大阪市水道事業管理規程第3号。以下「専決規程」という。)第16条の規定による水道局の各課長代理(専決規程第1条第1項に規定する課長代理をいう。以下同じ。)の専決事項については、別に定めるもののほか、この要綱の定めるところによる。

(総務課長代理専決事項)

第2条 専決規程第4条の規定に基づいて総務課長が専決している次の事項については、専決規程第16条の規定に基づき、総務課長代理に専決させるものとする。

(1) 係長以下の所属員の市内出張(日帰管外出張を含む。以下同じ。)、時間外勤務、休日勤務、休日の振替その他勤務に係る命令並びに休暇、出勤、退勤及び欠勤に係る届出の承認等に関すること

(2) ホームページに掲載されている情報の更新に関すること

(法務監査担当課長代理専決事項)

第3条 専決規程第4条の規定に基づいて法務監査担当課長が専決している次の事項については、専決規程第16条の規定に基づき、法務監査担当課長代理に専決させるものとする。

(1)  係長以下の所属員の市内出張、時間外勤務、休日勤務、休日の振替その他勤務に係る命令並びに休暇、出勤、退勤及び欠勤に係る届出の承認等に関すること

(危機管理担当課長代理専決事項)

第4条 専決規程第4条の規定に基づいて危機管理担当課長が専決している次の事項については、専決規程第16条の規定に基づき、危機管理担当課長代理に専決させるものとする。

(1) 係長以下の所属員の市内出張、時間外勤務、休日勤務、休日の振替その他勤務に係る命令並びに休暇、出勤、退勤及び欠勤に係る届出の承認等に関すること

(企画課長代理専決事項)

第5条 専決規程第4条の規定に基づいて企画課長が専決している次の事項については、専決規程第16条の規定に基づき、企画課長代理に専決させるものとする。

(1)  係長以下の所属員の市内出張、時間外勤務、休日勤務、休日の振替その他勤務に係る命令並びに休暇、出勤、退勤及び欠勤に係る届出の承認等に関すること

(ICT推進課長代理専決事項)

第6条 専決規程第4条の規定に基づいてICT推進課長が専決している次の事項については、専決規程第16条の規定に基づき、ICT推進課長代理に専決させるものとする。

 (1) 大阪市水道局事務分掌規程(昭和39年大阪市水道事業管理規程第10号。以下「事務分掌規程」という。)第3条第1項の規定によりおのおのがICT推進課長より命ぜられた業務に従事する係長以下の所属員の市内出張、時間外勤務、休日勤務、休日の振替その他勤務に係る命令並びに休暇、出勤、退勤及び欠勤に係る届出の承認等に関すること

(経営改革課長代理専決事項)

第7条 専決規程第4条の規定に基づいて経営改革課長が専決している次の事項については、専決規程第16条の規定に基づき、経営改革課長代理に専決させるものとする。

(1)  係長以下の所属員の市内出張、時間外勤務、休日勤務、休日の振替その他勤務に係る命令並びに休暇、出勤、退勤及び欠勤に係る届出の承認等に関すること

(改革調整担当課長代理専決事項)

第8条 専決規程第4条の規定に基づいて改革調整担当課長が専決している次の事項については、専決規程第16条の規定に基づき、改革調整担当課長代理に専決させるものとする。

(1)  係長以下の所属員の市内出張、時間外勤務、休日勤務、休日の振替その他勤務に係る命令並びに休暇、出勤、退勤及び欠勤に係る届出の承認等に関すること

(事業推進担当課長代理専決事項)

第9条 専決規程第4条の規定に基づいて事業推進担当課長が専決している次の事項については、専決規程第16条の規定に基づき、事業推進担当課長代理に専決させるものとする。

(1)  係長以下の所属員の市内出張、時間外勤務、休日勤務、休日の振替その他勤務に係る命令並びに休暇、出勤、退勤及び欠勤に係る届出の承認等に関すること

(水道施設最適化担当課長代理専決事項)

第10条 専決規程第4条の規定に基づいて水道施設最適化担当課長が専決している次の事項については、専決規程第16条の規定に基づき、水道施設最適化担当課長代理に専決させるものとする。

(1)  係長以下の所属員の市内出張、時間外勤務、休日勤務、休日の振替その他勤務に係る命令並びに休暇、出勤、退勤及び欠勤に係る届出の承認等に関すること

(職員課長代理専決事項)

第11条 専決規程第4条の規定に基づいて職員課長が専決している次の事項については、専決規程第16条の規定に基づき、職員課長代理に専決させるものとする。

(1)  係長以下の所属員の市内出張、時間外勤務、休日勤務、休日の振替その他勤務に係る命令並びに休暇、出勤、退勤及び欠勤に係る届出の承認等に関すること

(2) 職員課において発行する在職(勤務)証明書、資格取得に係る履歴書その他これらに準ずる軽易かつ定例の諸証明に関すること

(給与・厚生担当課長代理専決事項) 

第12条 専決規程第4条及び第6条の2の規定に基づいて研修・厚生担当課長が専決している次の事項については、専決規程第16条の規定に基づき、給与・厚生担当課長代理に専決させるものとする。

(1) 係長以下の所属員(体験型研修センターに関する事務に従事する者を除く。)の市内出張、時間外勤務、休日勤務、休日の振替その他勤務に係る命令並びに休暇、出勤、退勤及び欠勤に係る届出の承認等に関すること

(2)  業務改善に係る事務の実施に伴う軽易かつ定例の照会、回答、届出、報告、通知等に関すること

(3)  市内出張に係る旅費の計算に関すること

(研修企画担当課長代理専決事項)

第13条 専決規程第4条及び第6条の2の規定に基づいて研修・厚生担当課長が専決している次の事項については、専決規程第16条の規定に基づき、研修企画担当課長代理に専決させるものとする。

 (1) 体験型研修センターに関する事務に従事する係長以下の所属員の市内出張、時間外勤務、休日勤務、休日の振替その他勤務に係る命令並びに休暇、出勤、退勤及び欠勤に係る届出の承認等に関すること

 (2) 研修等の実施に伴う当該研修等の対象者の調査等の軽易かつ定例の照会、回答、届出、報告、通知等に関すること

(経理課長代理専決事項)

第14条 専決規程第4条の規定に基づいて経理課長が専決している次の事項については、専決規程第16条の規定に基づき、経理課長代理に専決させるものとする。

(1)  係長以下の所属員の市内出張、時間外勤務、休日勤務、休日の振替その他勤務に係る命令並びに休暇、出勤、退勤及び欠勤に係る届出の承認等に関すること

(管財課長代理専決事項)

第15条 専決規程第4条の規定に基づいて管財課長が専決している次の事項については、専決規程第16条の規定に基づき、管財課長代理に専決させるものとする。

(1)  係長以下の所属員の市内出張、時間外勤務、休日勤務、休日の振替その他勤務に係る命令並びに休暇、出勤、退勤及び欠勤に係る届出の承認等に関すること

(お客さまサービス課長代理専決事項)

第16条 専決規程第4条の規定に基づいてお客さまサービス課長が専決している次の事項については、専決規程第16条の規定に基づき、お客さまサービス課長代理に専決させるものとする。

(1) 係長以下の所属員(お客さまセンターに関する事務に従事する者を除く。)の市内出張、時間外勤務、休日勤務、休日の振替その他勤務に係る命令並びに休暇、出勤、退勤及び欠勤に係る届出の承認等に関すること

(お客さまセンター担当課長代理専決事項)

第17条 専決規程第4条の規定に基づいてお客さまサービス課長が専決している次の事項については、専決規程第16条の規定に基づき、お客さまセンター担当課長代理に専決させるものとする。

(1)  お客さまセンターに関する事務に従事する係長以下の所属員の市内出張、時間外勤務、休日勤務、休日の振替その他勤務に係る命令並びに休暇、出勤、退勤及び欠勤に係る届出の承認等に関すること

(計画課長代理専決事項)

第18条 専決規程第4条の規定に基づいて計画課長が専決している次の事項については、専決規程第16条の規定に基づき、計画課長代理に専決させるものとする。

(1)  事務分掌規程第3条第1項の規定によりおのおのが計画課長より命ぜられた業務に従事する係長以下の所属員の市内出張、時間外勤務、休日勤務、休日の振替その他勤務に係る命令並びに休暇、出勤、退勤及び欠勤に係る届出の承認等に関すること

(工務課長代理専決事項)

第19条 専決規程第4条の規定に基づいて工務課長が専決している次の事項については、専決規程第16条の規定に基づき、工務課長代理に専決させるものとする。

(1)  事務分掌規程第3条第1項の規定によりおのおのが工務課長より命ぜられた業務に従事する係長以下の所属員の市内出張、時間外勤務、休日勤務、休日の振替その他勤務に係る命令並びに休暇、出勤、退勤及び欠勤に係る届出の承認等に関すること

(技術監理担当課長代理専決事項)

第20条 専決規程第4条の規定に基づいて技術監理担当課長が専決している次の事項については、専決規程第16条の規定に基づき、技術監理担当課長代理に専決させるものとする。

 (1) 係長以下の所属員の市内出張、時間外勤務、休日勤務、休日の振替その他勤務に係る命令並びに休暇、出勤、退勤及び欠勤に係る届出の承認等に関すること

(施設課長代理専決事項)

第21条 専決規程第4条の規定に基づいて施設課長が専決している次の事項については、専決規程第16条の規定に基づき、施設課長代理に専決させるものとする。

(1) 事務分掌規程第3条第1項の規定によりおのおのが施設課長より命ぜられた業務に従事する係長以下の所属員の市内出張、時間外勤務、休日勤務、休日の振替その他勤務に係る命令並びに休暇、出勤、退勤及び欠勤に係る届出の承認等に関すること

(配水課長代理専決事項)

第22条 専決規程第4条の規定に基づいて配水課長が専決している次の事項については、専決規程第16条の規定に基づき、配水課長代理に専決させるものとする。

(1) 係長以下の所属員の市内出張、時間外勤務、休日勤務、休日の振替その他勤務に係る命令並びに休暇、出勤、退勤及び欠勤に係る届出の承認等に関すること

(給水課長代理専決事項)

第23条 専決規程第4条の規定に基づいて給水課長が専決している次の事項については、専決規程第16条の規定に基づき、給水課長代理に専決させるものとする。

(1) 係長以下の所属員の市内出張、時間外勤務、休日勤務、休日の振替その他勤務に係る命令並びに休暇、出勤、退勤及び欠勤に係る届出の承認等に関すること

(柴島浄水場副場長専決事項)

第24条 専決規程第4条の規定に基づいて柴島浄水場長が専決している次の事項については、専決規程第16条の規定に基づき、柴島浄水場副場長に専決させるものとする。

(1) 事務分掌規程第3条第1項の規定によりおのおのが柴島浄水場長より命ぜられた業務に従事する係長以下の所属員の市内出張、時間外勤務、休日勤務、休日の振替その他勤務に係る命令並びに休暇、出勤、退勤及び欠勤に係る届出の承認等に関すること

(施設保全センター副所長専決事項)

第25条 専決規程第4条の規定に基づいて施設保全センター所長が専決している次の事項については、専決規程第16条の規定に基づき、施設保全センター副所長に専決させるものとする。

(1) 係長以下の所属員の市内出張、時間外勤務、休日勤務、休日の振替その他勤務に係る命令並びに休暇、出勤、退勤及び欠勤に係る届出の承認等に関すること

(水質試験所副所長専決事項)

第26条 専決規程第4条の規定に基づいて水質試験所長が専決している次の事項については、専決規程第16条の規定に基づき、水質試験所副所長に専決させるものとする。

(1) 係長以下の所属員(水源の水質に関する調査及び研究に関する業務に従事する者を除く。)の市内出張、時間外勤務、休日勤務、休日の振替その他勤務に係る命令並びに休暇、出勤、退勤及び欠勤に係る届出の承認等に関すること

(課長代理に事故があるとき等の専決)

第27条 この要綱の規定により専決権を与えられた課長代理に事故があるとき又は課長代理が欠けたときの専決権者は、課長(専決規程第1条第1項に規定する課長をいう。)とする。

 

附則

この要綱は、平成23年8月1日から施行する。

附則(平成23年10月31日局長決)

この要綱は、平成23年11月1日から施行する。

附則(平成24年3月30日局長決)

この要綱は、平成24年4月1日から施行する。

附則(平成26年3月26日局長決)

この要綱は、平成26年4月1日から施行する。

附則(平成27年3月31日局長決)

この要綱は、平成27年4月1日から施行する。

附則(平成28年3月31日局長決)

この要綱は、平成28年4月1日から施行する。

附則(平成28年4月28日局長決)

この要綱は、平成28年5月2日から施行する。

附則(平成29年3月31日局長決)

この要綱は、平成29年4月1日から施行する。

附則(平成30年3月28日局長決)

この要綱は、平成30年4月1日から施行する。

附則(平成31年3月29日局長決)

この要綱は、平成31年4月1日から施行する。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

似たページを探す

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

水道局 総務部 総務課
電話: 06-6616-5400 ファックス: 06-6616-5409
住所: 〒559-8558 大阪市住之江区南港北2丁目1番10号 ATC ITM棟9階

メール送信フォーム