ページの先頭です

井戸水枯渇等にかかる補償事務取扱要領

2013年2月19日

ページ番号:205631

1. 補償の適用条件

   井戸水枯渇にかかる補償の適用は、次の各号の場合とする。

(1) 工事期間中において、著しく減水し、日常生活、営業に不利益を及ぼす場合。

(2) 工事完了後、一定期間を経過しても復水しない場合。

 

2. 補償の方法

   井戸の用途に基づき、次の各号により処理するものとする。

  (1) 生活用水(飲料水、炊事、洗濯、浴場用等)として、使用または上水道を併用するもの。

        イ)給水装置のないものは、給水管を引込むものとする。

        ロ)既設装置では給水量が不足する場合は、給水管の取替または増設を行うものとする。

        ハ)冷暖房に用いている場合は、クーリングタワーまたはクーラーを設置することができる。

     (2) 営業用(製造加工、商品の保存、洗浄、公衆浴場、冷暖房等)として使用または上水道と併用するもの。

        イ)前項各号の規定を準用する。

        ロ)イの措置にかかわらず、従前の効用を回復できないと認められる場合(たとえば醸造、染色等)は、井戸の新設または当該井戸の掘下げを行うことができる。

     (3) 灌漑用水として使用するもの

           工事中は応急的な措置をとるものとする。ただし、工事完了後も復水しない場合は、代替施設等を考慮するものとする。

     (4) 雑用水として使用するもの。

           原則として補償しないものとする。

 

3. 費用の負担区分

      前項1~3号の措置における光熱水費および維持管理費は、原則として使用者の負担とする。

 

4. その他

      シールド工事等に伴い、やむを得ず井戸を閉鎖する必要が生ずる場合は、2項1・2号および3項の規定に準ずるものとする。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

似たページを探す

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市水道局工務部工務課

〒559-8558 大阪市住之江区南港北2丁目1番10号 ATCビル ITM棟9階

電話:06-6616-5520

ファックス:06-6616-5529

メール送信フォーム