ページの先頭です

石綿セメント管の修繕方法について

2013年2月21日

ページ番号:205670

1 口径50㎜の場合

  ビニル管(50㎜)にビニル管用ソケット(TS50㎜)を接合すれば、その外 径が石綿セメント管(50㎜)とほとんど等しくなるので、石綿セメント管用鋳鉄 継手(ギボルトジョイント)を用いて、ビニル管で補修を行うこと。

 【添付・図1】

 

2 口径75㎜の場合

  石綿セメント管(75㎜)と鋳鉄管(75㎜)の外径がほとんど等しいので石綿 セメント管用鋳鉄継手を用いて鋳鉄管で補修を行うこと。

 【添付・図2】

 

3 口径100㎜以上の場合

  石綿セメント管用特殊鋳鉄継手(石綿セメント管と鋳鉄管の接続用)を用いて鋳鉄管で補修を行うこと。

 【添付・図3】

 

注1 今後石綿セメント管の補修等は上記の工法により行うこととし、石綿セメント 管及び同異形管は使用しない。

 2 接合替工事及び配水管(石綿セメント管)よりの分岐の場合も上記工法に準じて行うこと。

別表・様式等

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。
Microsoft社 Word Viewerのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
docファイルを閲覧できない場合には、Microsoft社のサイトから Word Viewer をダウンロード(無償)してください。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

似たページを探す

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市水道局工務部給水課

〒559-8558 大阪市住之江区南港北2丁目1番10号 ATCビル ITM棟9階

電話:06-6616-5480

ファックス:06-6616-5489

メール送信フォーム