ページの先頭です

給水装置破損補償金事務処理要綱

2016年12月19日

ページ番号:384558

(目 的)
第1条 この要綱は、道路工事業者又は解体工事業者等の責に帰すべき事由によって配水管の分岐点からメータまでの部分の給水装置が破損された際の、大阪市水道局(以下「当局」という。)における破損補償金の事務処理について定めることを目的とする。

(補償金額の算出方法)
第2条 給水装置が破損された場合は、給水装置破損補償金(以下「補償金」という。)を徴収するものとする。
2 補償金の額は、給水装置の破損により当局が受けた損害及び復旧工事(以下「復旧等」という。)に係る経費等を支弁できるものとし、「給水装置破損補償金の算出方法並びに事務処理について」(平成11年9月24日局長決)及び「受託工事費算定基準」(昭和58年9月14日給水部長決)に基づき算出するものとする。ただし、給水装置の漏水修繕に伴い配水管を断水する場合の洗浄排水費については「配水管破損復旧工事における洗浄排水費および漏水補償費の算定について」(昭和44年8月30日工務部長決)に基づき算出するものとする。
3 当局職員が現地に出動した場合における、直接労力費は、次により算出するものとする。
 (1) 直接労力費は、労力費日額単価に、次の表の左欄に掲げる口径の区分に応じ右欄に掲げる指数を乗じた額とする。【添付:表1】
 (2) 給水装置の漏水修繕に伴い配水管を断水する場合は、労力費日額単価に、次の表の左欄に掲げる口径の区分に応じ右欄に掲げる基礎数を乗じた額とする。【添付:表2】

(補償金の調定)
第3条 補償金の調定は、主管水道センター所長が行う。ただし、異例に属するものについては、主管部長が行うものとする。

(補償金請求などの事務手続)
第4条 補償金の請求、督促等の事務手続は、「配水設備等破損補償金事務処理要領」(昭和46年3月31日工務部長、工業用水道部長決)(以下「事務処理要領」という。)に準じて行う。
2 宅地内において給水装置が破損された場合は、事務処理要領第2条第1項の規定に関わらず、当局が修繕工事を委託する業者(以下「修繕委託業者」という。)においても、破損事故等の受付を行うことができるものとする。
3 修繕委託業者は、前項の規定により破損発生に係る責任者又は破損人から受付けた書類を、当局の施工担当係員に速やかに提出しなければならない。

(その他)
第5条 給水装置の破損の原因者が特定できず、かつ、緊急の止水措置を必要とする場合は、当局の費用をもって止水措置を行うものとする。

    附 則
1  この要綱は、平成7年8月17日から施行する。
2  「給水管等破損補償金の算出及び徴収について」(昭和39年5月1日局長決)は、廃止する。
    附 則
  この要綱は、平成18年4月1日から施行する。
    附 則
  この要綱は、平成23年4月1日から施行する。
    附 則
  この要綱は、平成26年4月1日から施行する。
    附 則
  この要綱は、平成26年10月1日から施行する。
    附 則
  この要綱は、平成27年1月15日から施行する。
    附 則
  この要綱は、平成28年5月2日から施工する。

表・様式等

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。
Microsoft社 Word Viewerのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
docファイルを閲覧できない場合には、Microsoft社のサイトから Word Viewer をダウンロード(無償)してください。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市水道局工務部配水課

〒559-8558 大阪市住之江区南港北2丁目1番10号 ATCビル ITM棟9階

電話:06-6616-5570

ファックス:06-6616-5579

メール送信フォーム